【体験談】人生うまくいかないと悩んでいた私がどうやってプラス思考をしているか

 

こんにちは、neiraです☆

 

今回は、人生がうまくいかないと悩んでいた私が、どうやってプラス思考をしていったのか体験談をお話していきます。

<スポンサーリンク>

【体験談】人生うまくいかないと悩んでいた私がどうやってプラス思考をしているのか

 

私は人生がうまくいかない、つらいと感じていました。

でも、ある時から考え方が180度変わり、起こった出来事に対してマイナス面ではなくプラス面を見るようにしたんです。

neira
neira
元々私はマイナス思考で・・・

発する言葉も「しんどい・・・疲れた・・・だるい・・・無理。」などネガティブがほとんでした。

 

だからはじめは、プラス思考に変えようと思ってもなかなかうまくいかずに、マイナス思考のクセがすぐに出てしまっていたんです。

 

 

でも、徐々に、プラス思考に慣れていき、起こった出来事に対してプラスを見つけるのがとても得意になりました。

 

 

 

●片思いの好きな人の態度がそっけなかった

→きっと私に対して照れてるからそっけないんだ

 

●好きな人からLINEの返事がなかなか来ない

→適当に返事をしたくなくて何を送ろうか慎重になっているのかな。それか、私の気を引こうとわざと返事の時間を遅らせているのかも。返事がマメじゃないから浮気の心配なさそう。

 

●好きな人のLINEの文章がそっけなかった

→私に対して照れているのかな。LINEが得意じゃなくて慣れていなさそうだから浮気の心配なさそう。

 

●つきあっている彼氏の女関係が心配

→もし、彼氏がほかの女の子とこっそりデートをするようなことがあっても、私はいつも自分磨きをしているし、デート中も彼が楽しいと思ってもらえるようにふるまっているから、大丈夫。

私と他の女の子と比べて、私の良さに気がついて、さらに私を大事にするきっかけになる。

 

●彼氏にデートを断られた

→デートするとちょっと疲れるし、今日は体休めるからデートなしになってよかった。

彼と会わない時間が長ければ長いほど、たくさん自分磨きをして、次会った時に魅力がアップした私を見せて彼を驚かせられる。

 

●彼氏と別れた

→(彼の欠点だけをピックアップして)あんな欠点がある彼なら結婚しても苦労するよね、別れてよかったかも。

新しい恋ができる、ワクワクする!

 

●お客様や上司にひどく怒られた

→怒られたことで自分の悪い点を知ることができた。以前よりも成長することができたからよかった。

 

●職場の〇〇さんに好かれていないみたい

→話すのちょっと面倒だったし、この機会にもう必要以外話すのやめよう、仕事に集中することができてよかった

好かれていると、いつ嫌われるかビクビクすることもあるけど、もう嫌われているのならこれ以上さらに嫌われることがないから嫌われていた方が楽。

 

変に好かれて、仕事外のお誘いが増えたら面倒だから嫌われた方が楽でいい。

 

●仕事がしんどい

→このしんどい仕事をこなすことで、忍耐力がつく。この先何かつらいことがあったとしても、乗り越えられそう。

このしんどい仕事を経験してしまえばあとは何やっても楽に感じると思うから今経験しておいてよかった。

 

●いじめを経験した

→いじめられたことで弱い立場の人の気持ちがよりわかるようになってよかった。いじめはすごくつらかったけど、あんなつらいことを乗り越えた自分はほかにどんな出来事が起きても乗り越えられそう。

いじめって誰でも経験できることではないし、私は貴重な体験をすることができて人生に深みができた。

いじめの体験をなにかしら将来に役立てられそうだから経験してよかった。

いじめを経験して長い間つらい思いをしたことで、小さなことにも幸せを感じられるようになった。

 

●母から冷たくされていた(妹と差別)

→母に冷たくされて、私のなすことなんでも否定をされることで、「絶対負けてたまるか。見返してやろう。」という気持ちが芽生えて、人よりも色々なことを努力することが苦にならなかった。

つらい経験をしたことで、同じように母との関係で悩んでいる人に対してブログで体験談を発信することができた。

親に頼ろうとする気持ちがなかったので、自立心がはやくから芽生えていた。

 

●周りの人からバカにされていた

→見返してやろうという気持ちが原動力になって努力が苦にならなかった。

実際に色々なことを10代から努力してきたことで経験値が増えた

 

●容姿にコンプレックス

→容姿にコンプレックスがあることで、かわいくなりたいという気持ちが強く、それが努力をするきっかけとなり、まわりからかわいいといわれるようになったりモテるようになったりした。

コンプレックスがなかったら、若さに甘えて努力していなかったから、今の年齢で肌とか見た目が劣化してそう。

容姿のコンプレックスがあることで、美容やファッションに興味を持ち、ネイルの資格を取得することができた。

容姿にコンプレックスがあることで、ストーカーなどの被害の心配がない。

美人薄命といって、容姿端麗な人はけっこう波乱万丈な人生になりがちなので、私は容姿にコンプレックスがあってよかった。(生まれつきかわいい子、美人な子には、女性に妬まれたりストーカーにあったりとそれ相応の悩みがあることを知っている)

 

こんな感じで、自分の人生において、なにか嫌だなー、不都合だなーっていう出来事が起きた時には、その出来事のプラス面を見つけるようにしていました。

 

すると重かった心がすーっと軽くなるんです。

で、心が軽くなると、行動的になれますし、その行動も前向きなものになるので、人生がどんどんよくなっていくんですね。

 

また、潜在意識の仕組みからいえることなんですが、自分の思い込みが人生を作っていくんです。

 

起こった出来事に対して、マイナスの意味づけをするとその通りマイナスの出来事になっていきますし、プラスの意味づけをするとその通りになっていくんです。

 

これ、不思議なんですが、私も今までプラス思考してきて、実感しています。

 

特に私は恋愛が得意なので、恋愛ではどんなつらいことがあってもプラス思考をする自信があります。

 

で、徐々に、徐々にですが、本当にいい方向へ行くんですよね。

 

すごく不思議ですが。

<スポンサーリンク>

まとめ

 

私は今まで自分の人生は不幸だと思ってマイナス思考で生きてきましたが、ある時をきっかけにプラス思考をするようになりました。

 

プラス思考は、起こった出来事のプラス面を見つけるようにすることです。

 

プラス思考をすると、ゆっくりとですが本当にその通りに人生が展開していくようになります。

 

ぜひ、普段の生活で見たもの、体験したものすべてからプラス面を見つけることをクセにしていくことをおすすめします☆

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です