【効果あり】体の不調を改善する意外な方法とは?

こんにちは、neiraです★

体の不調を感じていてつらいと悩んでいませんか?

 

体が不調だと心の調子も乱れてきて、何もやる気が起きなくなってしまいますよね。

 

何が原因かもわからない体の不調・・・もしかしたら〇〇をすれば改善するかもしれません。

 

今回は、効果ありの体の不調を改善する意外な方法について紹介していきます。

 

 

【効果あり】体の不調を改善する意外な方法とは?

 

ではさっそく紹介していきます。

 

体の不調を改善する意外な方法は・・・。

 

ずばり、食事の量や回数を減らす、つまり食べ過ぎないことです!

 

現代人は食べ過ぎなんです・・・。

 

しかも、現代の食べ物は、添加物、農薬など化学物質が大量に入っています。

 

これは、40万年の歴史の中でたった50年の出来事。

 

それまでは自然な食べ物を食べていたのに、ここ50年でいきなり化学物質を取り入れるようになったんです。

 

前もブログでお話しましたが、人生100年時代といってもそれは化学物質がまだ取り入れられていなかった食生活をしていた年配者なら可能ですが・・・。

 

私たち現代人の心身ははたして50年のうちにいきなり入ってきた化学物質に耐えられるのでしょうか。

 

また、人間はその昔は1日1食で生活をしていたようです。

 

いつでも食べ物が簡単に手に入る現代人とは違って、おなかがすいたら狩りや採取に出かけていたんです。

 

また、1700年代までは1日2食で生活をしていました。

 

昔から人間は飢餓に強い生き物だったのです。

 

それが現在では1日3食が当たり前。

 

しかも、間食までしていますよね。

 

飢餓に強かった人間が、この50年のうちにいきなり食生活ががらっと変わった。

 

食べたい物を好きなだけ食べられる。

 

これって内臓に大きな負担がかかっているらしいです。

 

また、食事に大いに関係がある私たちの腸。

 

腸が不健康になると全身に不調を感じてしまうそうです。

 

食べ物が腸に付着して残ったままになると腸内腐敗が起こって、生ごみを腸の中に放置しているのと同じ状態になります。

 

すると、うつ症状、更年期症状など腸には関係ないように思える不調を引き起こしてしまうんです。

 

腸が正常に働くと、自立神経が整って心身の不調が改善します。

 

逆に腸内腐敗が続くと自律神経が乱れるので心身に不調が現れてしまうのです。

 

わかりやすくいうと・・・

→腸が弱まる

 

→消化吸収が低下する

 

→腸内腐敗がはじまる

 

→血液が汚れて血流が悪くなる

 

→冷えやむくみが起こる

 

→痩せにくく太りやすい体になる

 

→肌荒れを引き起こしたり体の老化が進んだりする

 

→腸の活動が悪化してセロトニンが減少する

 

→ホルモンバランスが悪くなりストレスが溜まったり不眠や疲労の蓄積

 

→免疫力が低下する

 

→自律神経のバランスが悪くなり全身が不調になる

こんな感じで腸が弱まるとどんどん悪循環で体の不調を引き起こしてしまうんです。

 

腸を健康に保つためには・・・

●食べ過ぎない(腹八分目)

 

●添加物、遺伝子組み換え、農薬、化学物質などをなるべく避ける

 

●和食を中心とした食事をする

こんな風に食生活を変えてみることがおすすめです。

 

私はこのブログでも紹介していますが、週に一度ほど断食をしています。

 

現代人は食べ過ぎにより内臓にとても負担がかかっているようなので、断食をすることで腸を含めた内臓を休められます。

 

医療では、断食療法を取り入れることもあるようですね。

 

食べないことは一見すると体に悪そうな気がしますが、医療でも取り入れられているように、食べないことが実は健康によいとされているんです。

 

私は断食をしている日は、心身の調子がよいです。

 

体が軽くなり、サクサクと行動することができます。

 

私は昔、社会不安障害の症状がひどくて外に出るのも人の目が気になって大変でした。

 

今はかなり症状がなくなってきましたが、断食をするとそれがさらに心が好調になって人目を全く気にせずに外を出歩けるようになります。

 

実は、腸には幸せホルモンとよばれているセロトニンが多くあるので、腸が健康になることで背陰唇の安定にもつながり心の病気にも効果的だそうです★

 

あと、私が実際にやっていておすすめなのは、グルテンフリー。

 

小麦製品をなるべく食べないようにすることです。

 

小麦自体が悪いわけではないのですが、現在、市場に出回っている小麦のほとんどは海外からの輸入で、遺伝子組み換えや大量の農薬に汚染されています。

 

また、現代の小麦は昔の小麦とは全くちがった品質で、何度も品質改良をされてきたのです。

 

だから、栄養がスカスカで、農薬の危険性がある。

 

小麦をまったく食べないとなると食事が楽しくなくなってしまうので、小麦の代わりに米粉を代用したり、国産小麦や有機小麦を使ったりして、なるべく腸に負担がないようにするのがいいかなと思います。

 

安い食品には裏があるわけで。

 

品質のいい食品は値段が高いのでなかなか普段の生活に取り入れるのは大変かもしれませんが・・・。

 

コンビニ食やジャンクフードなど安く品質がよくない食べ物を食べて後々医療費にお金をかけたり苦しい思いをするか、お金や手間は多少かかっても食事に気を使って手作りの和食を食べるか、ですね。

 

もちろん、食事に気を使っていなかったら100%必ず病気になるわけではありませんが、大切な自分や家族のために健康的な食生活をすることで損はないと思います。

 

どうせなら心身健康でやりたいことをやって人生楽しく過ごしたいのではないでしょうか。

 

病気になって心身が不調だとせっかくの人生、つらくなってしまいます。

 

今現在、心身になにか不調を抱えている人は、ぜひ、食生活を見直してみることをおすすめします。

 

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です