【知らないと危険!】フッ素の体への影響

こんにちは、neiraです★

●歯磨き粉

●フッ素コーティングのフライパン

など身近な存在のフッ素。

 

日本ではフッ素が虫歯にいいといわれていて、フッ素入りの歯磨き粉をわざわざ選ぶ人もいます。

しかし、フッ素は実は危険であることをご存じでしょうか?

なぜ危険なのにフッ素が世の中で推奨されているのでしょうか・・・

 

信じられないと思いますが、この世界は一部の支配者が私たち庶民をコントロールするために・・・

●食品業界

●医療業界

●製薬業界

●テレビやマスコミ業界

など様々な業界でウソの情報をあたかも正しいようにすすめています。

この世界はさかさまであり、正しいとされていることが実は私たちをコントロールするためのウソであることが非常に多いです。

 

これはただの陰謀論ではありません。

私は数年前、不思議な体験をしてこの世界の真実を知ることになりました。

多くの人がなかなか幸せになれないのは、コントロールされていることを知らずにウソの情報に踊らされているから。

 

私は、この体験を機に、自分の知っている情報を公開してみんなが幸せになれるようにブログを運営しようと思いました。

今回はフッ素の悪影響についてお話していきます。

【知らないと危険!】フッ素の体への影響

 

フッ素の体への影響がよくないのは・・・

フッ素は、猛毒の神経毒が強いから。

人間や動物などに脳神経障害を起こさせて、おとなしくさせる効果があるんです。

 

以下のようにフッ素は利用されていました。

●家畜の牛を大人しくさせるために使用していた

 

●ナチスの強制収容所で、囚人をおとなしくさせるために、世界で初めて水道水にフッ素を添加した

 

 

フッ素にはほかにもこんな悪影響が・・・

●知能低下

●発がん性

 

フッ素の影響について警告をしている歯医者さんもいらっしゃいます。

 

上記の歯医者さんのサイトからの引用です。

 

1950年代にフッ素の安全性を訴えた支持派の筆頭者は、ハロルド・ホッジ博士で、広島に投下した原子爆弾を開発した中心人物です。

またフッ素を人類史上初めて水道水に導入したのはナチスです。ヒトラー率いるナチスはフッ素入りの水道水を囚人達に飲ませ、非反抗的にするため、精神的な悪影響を与える事が目的だったのです。

 

引用:当当院がフッ素を使わない理由

 

私たち庶民が、支配されていることに対してなんら疑問に感じず、抵抗しないように。

また、心身を病気にさせることで、支配者側が得をするように。

信じられないかもしれませんが、こんな理由からフッ素の危険性が隠されています。

 

私は、歯磨き粉やフライパンは、フッ素の危険性がないものを選んでいます。

私が実際に使っている歯磨き粉&フライパンです。



 

心身の健康のために、なるべくフッ素をさけることをおすすめします★

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です