この世界の真実⑯

こんにちは、neiraです★

 

今回はこの世界の真実⑯についてお話していきます。

 

この世界の真実⑯

 

前回、この世界は1%の支配者によってコントロールされているとお伝えしました。

 

このことは、マイケルジャクソンやビートルズのジョンレノンも言っています。

 

 

 

 

 

 

マイケルジャクソン→政府以上の存在に命を狙われてるといっている

ジョンレノン→社会はすべて狂人たちによって動かされているといってる

 

この二人は、真実を世界中に暴露しようとしたため、支配者側によって暗殺されてしまいました。

 

支配者にとって、真実を暴露しようとする人は、マイケルジャクソンやジョンレノンのように消されてしまうんです。

 

日本では、中川大臣

 

泥酔会見とかでマスコミに叩かれていましたが、支配者側にとって不都合な人なので暗殺されてしまいました。

 

この動画は長くて最後まで観るのは大変だと思いますが、YouTubeのコメント欄を見ると、詳細がわかると思います。

 

日本の政治家トップは、日本人ではなく日本人の姿に似た朝鮮人だと言われています。

 

そして、日本の国を壊そうという政治をしています。

 

しかし、中川大臣は、危険な法案に疑問を投げかけて日本のための政治を行おうとしていた愛国者だったといわれていました。

 

上記の動画の中で、中川大臣が、『私は消される』と言っていますが、自分が殺されることを知りながらも日本のために戦っていたようです。

 

動画でジョンレノンが話しているように、この世界を支配している支配者は、狂った人たちです。

 

ジョンレノンは、この狂人が正気ではない目的を実現しようとしている、と言っていますが、その目的は・・・

 

世界の人口を削除して、人類を監視下に置いて自分たちの奴隷化にすることです。

 

そのために、テレビ、映画、音楽などのツールを使って、私たちを洗脳しています。

 

音楽や映像でよく使われている洗脳方法が、サブリミナルです。

この動画は英語なのでわかりづらいですが、YouTubeでコメント欄を見ると、詳細がわかると思います。

 

音楽業界や映画業界、テレビ業界など、この世界で成功するためには悪魔との契約が必要になります。

 

前回の記事で、支配者にはさらに上の存在がいてそれが悪魔だとお話ししました。

 

こんな話は信じられないと思います。

 

しかし、この支配者たちは、悪魔を神として崇拝しています。

 

これを悪魔崇拝といいます。

 

この動画を観ることをおすすめします。

 

ボブディランが悪魔と契約したことについてインタビューで答えています。

 

悪魔崇拝には儀式があります。

 

それが、幼い子供たちを誘拐して、虐待をして生贄(いけにえ)にすることです。

 

なぜそんなことをするかというと、子供たちを恐怖にあわせることで、『アドレナクロム』という麻薬のようなものを手に入れるためです。

 

世界の支配者、セレブ達は、このアドレナクロムを摂取してハイな気分になったり若さを保ったりしています。

 

みなさんが知っている、有名なハリウッド俳優たちの多くは、子供たちを性的、または体的に虐待をして殺害をし、そこから得たアドレナクロムを使用しています。

 

この動画を観ることを強くおすすめします。

 

 

嘘だと思いますか?

 

ただの陰謀論だと思うでしょう。

 

しかし、そんなことを言っている場合ではないのです。

 

これは本当に現実に起こっていることです。

 

日本では絶対に報道されない事実。

 

報道規制がされているんです。

 

トルコなどの海外では国営放送でこのことを放映しています。

 

日本でいう、NHKのようなテレビ局が報道しているんです。

 

 

 

陰謀論でも何でもないのです。

 

この動画をYouTubeでご覧いただき、コメント欄を見ると、詳細がわかります。

 

そして、洗脳から目覚めた人が今世界中でかなり多くなっています。

 

もし、私が話したこれらのことを、ただの陰謀論だと思っているならちょっとやばいかもしれません。

 

これは陰謀論でもなんでもなく、現実に起こってることです。

 

もうそろそろ日本人は目覚めなくてはいけません。

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です