コメント質問に対してのお返事⑥

こんにちは、neiraです☆

 

今回は、こちらの記事でジョリーさんのコメントのお返事をしたいと思います。

 

コメント質問に対してのお返事⑥

 

こちらがいただいたコメントです☆

 

先日はコメントへのお返事ありがとうございました。

neiraさんのブログに何となく親近感を持ちつつも、でも結局恋愛経験豊富でそれなりにモテてきた人でしょう、と思っていたのです。が、つらい半生の詳細を垣間見て予想以上で驚いてます。

それだけつらかったにも関わらず、その悔しさをバネにして皆を見返してやると奮起されたのは、本当にすごいことだと思います。例えそれが周りを見下したい気持ちから生まれたとしてもです。

私だったら廃人になっていました。

状況は違うと思いますが、私も幼少期父との関係がうまくいかず、母は長患いで兄はおそろしく優秀、という環境下で育ったため自己肯定感が常に低く、自分が愛されるに値しない人間だと潜在的に思っていました。そのため31年彼氏がいなく、初めてまとも?に付き合った彼と結婚したものの、数年で離婚しました。

その後自分を好いてくれる男性が現れても、心のどこかで「こんなにうまくいくはずがない、こんな魅力的な人が私を好きになるはずがない」と思ってしまい結果的に壊してしまう流れに至っていました。

今心底好きな人がいて、、付き合ってはいませんが相手も自分を好きだと確信してます。ただ誰が見てもあきらめざるを得ない状況で、、
ですが自分の心がそれを納得していない、何とかしたいと思いネットを読み漁った中neiraさんのブログにたどり着きました。

きっとneiraさんも賛同するのは難しい案件だと思います(T_T)

が、自暴自棄になってもおかしくない程つらい思いをしてきた方が今幸せになっている、生涯学習など勉強する事の意義を説いている、不思議な体験もされている、その他諸々興味を持ったので何となくコメントしたくなりました。

こういうコメントもした事ないですが。。

まずは自分の心、常識とか一般的な尺度そういうものを葬って、信じる事を貫きたいと思います。

ひとつ言えるのは自分はやりきってはいないからです。 長々としかもお茶を濁すような書き方で自分語りをしてすみません。漠然としすぎてますがneiraさんに少しでもアドバイス頂けたら嬉しいですf(^_^; 無理のない範囲で大丈夫です!

 

ジョリーさん、ありがとうございます!

 

では内容を切り取りながらお返事していきます☆

 

neiraさんのブログに何となく親近感を持ちつつも、でも結局恋愛経験豊富でそれなりにモテてきた人でしょう、と思っていたのです。が、つらい半生の詳細を垣間見て予想以上で驚いてます。

 

私はまったく自分に自信がなく、小学校高学年~高校生の時にはクラスの男子とほとんどおしゃべりできなかったです💧

 

特に中学生の時には、顔中にニキビができ始めて、人に顔を見られるのが嫌で嫌で仕方なかったです。

 

社会不安障害や対人恐怖の症状もあったので、下を向いていることが多く、暗いよねとばかにされることも多くありました💧

 

周りの人と比べては、自分の顔はどうしてこんなんだろう・・・とか、ブスランキングがあったら10位以内に入るだろう・・なんてことも思っていました。

 

で、中学3年生くらいだったかな。

 

アムラーが流行っていて、眉毛を細くする人が多かったんですね。

 

私は自分の太くて垂れ下がった眉毛がコンプレックスで、前髪で隠していましたが、人生で初めて眉毛を毛抜きで抜いてみたんです。

 

眉毛を整えただけで顔の印象が変わり、コンプレックスが解消された時に、初めてメイクに目覚めたんです。

 

 

自己肯定感が低かった私は、メイクをすることで認めてもらいたい、目立ちたいという気持ちもあったと思います。

 

 

ニキビを改善するためや、他のコンプレックスを解消するためにも美容雑誌を読み漁り、当時『ピチレモン』というティーン向け雑誌があったんですが、そこに掲載されていた顔のマッサージをしたりして・・・

 

顔って変わるんだ。

コンプレックスは努力すれば解消するんだ。

人間はいくらでも変われるんだ。

と希望が持てたんです。

 

コンプレックスを解消するために努力をしてた時期はモテるようになりました☆

 

きっと・・・

 

 

→努力する

→コンプレックス解消する

→自分に自信が持てる

→これだけ努力して変わったんだからモテて当たり前

 

 

こんなふうに気持ちが変わっていったからかなと思います。

 

だから、もともとモテていたとか、自信があったとかではなく・・・コンプレックスのかたまりでした💧

 

私の体験からいえることは、人って変われる、ということです☆

 

私なんて、好きになっても遊ばれていて、告白してもフラれ、彼氏が長いことできなくて悩んでいましたから。

 

だから、自分に自信がない人、コンプレックスに悩んでいる人に、人生前向きに楽しく幸せに生きて希望を持っていただきたいと思ってこのブログを書いています☆

 

なにもかもうまくいっていなかった時期が長かったので、安心してください^^

 

 

 

状況は違うと思いますが、私も幼少期父との関係がうまくいかず、母は長患いで兄はおそろしく優秀、という環境下で育ったため自己肯定感が常に低く、自分が愛されるに値しない人間だと潜在的に思っていました。そのため31年彼氏がいなく、初めてまとも?に付き合った彼と結婚したものの、数年で離婚しました。

その後自分を好いてくれる男性が現れても、心のどこかで「こんなにうまくいくはずがない、こんな魅力的な人が私を好きになるはずがない」と思ってしまい結果的に壊してしまう流れに至っていました。

今心底好きな人がいて、、付き合ってはいませんが相手も自分を好きだと確信してます。ただ誰が見てもあきらめざるを得ない状況で、、
ですが自分の心がそれを納得していない、何とかしたいと思いネットを読み漁った中neiraさんのブログにたどり着きました。
きっとneiraさんも賛同するのは難しい案件だと思います(T_T)

が、自暴自棄になってもおかしくない程つらい思いをしてきた方が今幸せになっている、生涯学習など勉強する事の意義を説いている、不思議な体験もされている、その他諸々興味を持ったので何となくコメントしたくなりました。

こういうコメントもした事ないですが。。

まずは自分の心、常識とか一般的な尺度そういうものを葬って、信じる事を貫きたいと思います。

ひとつ言えるのは自分はやりきってはいないからです。 長々としかもお茶を濁すような書き方で自分語りをしてすみません。漠然としすぎてますがneiraさんに少しでもアドバイス頂けたら嬉しいですf(^_^; 無理のない範囲で大丈夫です!

 

ジョリーさんは、幼少期にお父様との関係がうまくいっていなかったのですね。

 

子供時代の親との関係って、そのあとの人生に大きな影響を与えてしまうんですよね。

 

特に、異性の親とうまくいかない場合には、恋愛関係で悩むことが多くなるといいます。

 

たとえばなんですが、男性の場合、幼少期に母親が家を出て行ってしまったという経験をすると・・・

 

『見捨てられ不安』というものを心に持つようになり、女性とお付き合いしても、いつか自分は見捨てられるんじゃないかと恐れを抱くようになります💧

 

で、深く女性と向き合うのがこわくて、関係が深くなる前に女性を捨てるという、遊び人になる男性も多いです。

 

私の場合には、母との関係がうまくいっていなかったので、自己肯定感が低く人間関係がうまくいかないことが多かったです💧

 

家庭環境は人生に大きな影響を与え、影を落とします。

 

そのため、家庭環境がよくなかった人は、心に何らかのトラウマを抱えていて人生がスムーズにいかないことが多いです。

 

だから、そういう人はまず、自分と向き合って自分自身を癒すことが重要です。

(セドナメソッド、インナーチャイルドを癒すetc・・・)

 

ジョリーさんの場合には、お父様とどのような関係だったんでしょうか。

 

それによって、心のトラウマや潜在意識の中身が変わってきます。

 

ジョリーさんの恋愛は、幼少期のお父様との関係がポイントになっていますよね。

 

自己肯定感が低いということは、お父様から否定的なことを言われてきたのでしょうか。

たぶん私と状況が似てると思うのですが。

 

私は父にではなく、母からでしたが、否定的な言葉を言われて育ってきたので気持ちがよくわかります。

 

私の場合には異性ではなく同性に対してですが・・・。

 

母との関係がうまくいっていなかった私は、同性の人間関係がとても苦手で苦労しました。

 

心の奥底で・・・

 

私は嫌われる存在だ。

 

私は人から嫌われる要素があるから母から冷たくされたり、いじめにあったりしたんだ。

 

だから、仲良くなって私のことを知っていくうちに、相手は私のことを嫌いになるだろう。

こんなふうな思い込みを持っていたんですね。(この思い込みがあることは大人になってから気づいた)

 

女性が好意を持ってくれて仲良くなろうとしてくれても、深く仲良くなることがこわくて、嫌われることがこわくて、ジョリーさんと同じように自分から関係を壊していたんです。

 

だからね、なぜか関係が深まるにつれて・・・

 

●うまく声が出さなくなる

 

●表情がこわばって笑顔が出なくなる

 

●言葉に詰まって会話ができなくなる

 

こんな症状が出るように。

 

いくら、私が仲良くなろうという気持ちを持ってもだめで、自然とこの症状が出てきてしまうんです。

 

誰と接しても毎回、関係が深くなるとこの症状が出るので・・・

 

相手はやがて私から離れていきます。

 

で、学校でも職場でも最後は孤立してしまうことが多かったです。

 

コメントだけでの判断になるので、間違っているかもしれませんが、ジョリーさんが恋愛関係を自分から壊してしまうのは心の中で『本当の自分を見せたら相手が離れていくんじゃないか』恐怖や不安があるのかなと思います。

 

その後自分を好いてくれる男性が現れても、心のどこかで「こんなにうまくいくはずがない、こんな魅力的な人が私を好きになるはずがない」と思ってしまい結果的に壊してしまう流れに至っていました。

 

ジョリーさんはご自分でよくわかっていますよね。

 

心のどこかで「こんなにうまくいくはずがない、こんな魅力的な人が私を好きになるはずがない」と思ってしまい結果的に壊してしまう流れに至っていました。

私もこう思って生きてきたのでかなり気持ちがわかります。

 

それは『ありのままの自分』に自信がなく、『ありのままの自分』を幼少期に認められたり愛されたりしてこなかったから。

 

私がまさにそうだったんですが・・・

 

親に否定されたり責められたりしていたので・・・

 

●自分はダメな存在

 

●自分は人から嫌われる存在

 

●愛される価値がない存在

 

●人より劣っている存在

 

こう思っていたんです。

 

こういう人って、どうなるかというと・・・

 

人よりも努力をしてカバーしようとする人が多いです。

 

誰かに認められたい一心でがんばっちゃうんですよね。

 

だからけっこう努力家だったりしますが、その根底には・・・

 

自分は人よりも劣っているダメな存在だから、周りより努力しないとダメだ。

 

自分は価値がない人間だから努力してがんばらなくては認められないんだ。

という思いがあります。

 

しかし、いくら努力してもがんばっても、心はいつまでたっても満たされません。

 

なので、努力して結果がそれなりに出たとしても・・・

 

まだまだ足りない。

 

こんなんでは人からまだ認められない。

 

もっとがんばらなくては。

と、さらに上を目指すようになります。

 

どんなに努力して結果を出したとしても、満足感が得られないのは・・・

 

親から認められたい

 

親の愛情がほしい

 

本当の自分の願望が満たされていないからです。

 

誰かに認められたい、愛されたいは・・・

 

本当は幼少期に得られなかった、親からの愛情や賞賛を求めていたわけです。

 

そして、さらに深いことを言うと・・・

 

親からの愛情や賞賛が得られなかったという場合には、『自分で自分のことを愛していない、認めていない』ということにつながります。

 

 

どんなに人生頑張っても、いつも心が満たされずスムーズにいかないという場合には、親から得られなかった愛情を受け取らないと人生うまくいかないのではないかと絶望的になるかもしれませんが・・・

 

実は、親から直接愛情をもらわなくても、『自分で自分自身を癒す』ことで満たされなかった思いを解消することができます。

 

 

それが・・・

 

私がブログで何回か紹介している

 

●セドナメソッド

 

●インナーチャイルドを癒す

 

●自分を責めずに許してほめてあげる

 

●自分を大切にする

などです。

 

興味がある場合には、私のブログ内の検索窓から探してみることをおすすめします☆

 

インナーチャイルドはこちらの記事にやり方が書いてあります。

【母親が嫌いな人へ】心が楽になる8つの方法【体験談あり】

 

 

こちらの記事では、インナーチャイルドを癒せる動画が載せてあります↓

 

【誰でも簡単!】家でできるおすすめの過ごし方6選【人生好転編】

 

 

ちなみにセドナメソッドはちょっと難しいかもしれないので、簡単にできる『ネガティブな感情を感じ切る方法』がおすすめです。

私が潜在意識で恋愛がうまくいった【③ネガティブ感情を感じ切る方法】

 

誰でも簡単にできる!感情をコントロールできない人が人生好転させる3つの方法

 

 

やってすぐに効果が出るという即効性はありませんが、やり続けることで必ずいい方向にいきます。

気づいたら人生よくなっていた、という感じです。

 

恋愛や仕事、人間関係など人生ががスムーズにいかない場合には、外側に起きていることを変えようとするのではなく・・・自分自身と向き合い自分を癒すことです。

 

 

相手:自分という関係性は・・・実は自分:自分です。

 

相手との関係をよくしようと色々と行動するよりも、まずは自分と向き合い自分との関係をよくすること。

 

あと・・・

 

まずは自分の心、常識とか一般的な尺度そういうものを葬って、信じる事を貫きたいと思います。
ひとつ言えるのは自分はやりきってはいないからです。

 

 

ジョリーさんはやり切っていないと感じているんですね。

 

ぜひ、後悔しないようにやりきることをおすすめします☆

 

私は人生で1つ誇れるのは、『後悔』がないことです。

 

恋愛でいうと、好きになったら自分の素直な気持ちを伝えるようにしていますし、駆け引きはしません。

 

いつかは人間死んでしまうので、せっかくの人生、悔いのないように行動することをおすすめします☆

 

余談ですが・・・

 

ある本で見た内容。

 

霊能力がある人が、多数の幽霊にインタビューをしたそうです笑

 

『死んで一番後悔したことは?』

 

多くの幽霊がこう答えたそうです。

 

『もっと自分の好きなように生きればよかった、思ったように生きればよかった』

 

世間の目や周りの目を気にして、常識に従い、マイホームのローンを返したり家具を買うために働き、生きてきたそうですが、もっと自分がやりたいと思ったことをやればよかったと後悔したそうです。

 

もちろん、事件を起こすなどして迷惑をかけながら生きるのはおすすめできませんが、やり残したことがないように、やり切ってみるのがいいかなと思います☆

 

なんだかえらそうに長々とごめんなさい💧

アドバイスするほどの立場ではありませんが、参考程度に聞いていただければ幸いです★

 

もし、なにか不明点があればまたコメントください★

<スポンサーリンク>

5 COMMENTS

ジョリー

neiraさん、お忙しい中丁寧にお返事をくださってありがとうございます☆

私は普通の幼児体型だったのですが6歳頃からなぜか痩せすぎになってしまい、父から「何でそんなガリガリなんだ。うちがちゃんと食べさせてないみたいじゃないか」「難民みたい」とずっと怒られて育ってきました。至って健康でしたし食事もとっていましたが外見は確かに痩せすぎでした。が、ただの体質です。毎月体重を計られ、増えていないと怒られました。
体重が理由で殴られる事はありませんでしたが些細な事で手をあげられることはよくあり、アオタンを作って登校した事も何度かあり、父親を刺す夢を2回位見た事も。。目が覚めて「なんだ夢か、チッ」て思ったり。
年をとって丸くなったのか、大人になってからは関係はうまくいってます。

なので、「当時はつらかったけど昔の事だしね~」「自分の人格形成に影響は与えたけど日常的に虐待受けたわけじゃないしね、私に愛情がなかったわけじゃないし、いい大人だしもういいよ」と思ってインナーチャイルドと向き合う事はしてきませんでした。
どこかでやらなきゃいけないのかなとは思っていたのですが、つらい記憶をひとつひとつ洗い出すのはとても煩わしかったのです。
neiraさんのお返事を見て、今関係が良好だからもういいや、という話ではないのだなと思いました。
ありのままの自分を否定されてきたのだから「自分はもっと頑張らなきゃ」「今のままじゃだめだ」と思って勉強していました。思い当たる節がありすぎて、こわいくらいでした。3月にある資格をとったのですが、10月にまた別の語学の資格をとろうと勉強を始めていたのです。。こちらの方が超難関です。

一昨日からちゃんと自分の内面と向き合う事にしました。
ちゃんと癒しながら、でも一度決めた勉強は続けようと思います。。ありのままの自分を認められるようになるために癒すのに、平行して勉強するのは矛盾するかもしれないです。

ただ、集中できる目標がほしいし、好きな相手の事ばかり考える自分でいるのはあまり好ましくないので。f(^_^;
内面を癒していくうちにするっと色んな事が解決しているといいなぁ~ と思います。
neiraさん、改めて真摯なお返事をありがとうございます(*´ω`*) また何かありましたらコメントさせてください。
いい報告もできるといいなと思います

返信する
neira

ジョリーさん、コメントありがとうございます☆
たくさんコメントいただきうれしいです^^

今日はゆっくりとお返事できないので明日か明後日にきちんとお返事いたします^^
もう少々お待ちください★

返信する
neira

ジョリーさん、お返事遅くなりましてすみません。
コメントとてもうれしいです☆
ありがとうございます。

お父様から体型のことで否定されたり、手を挙げられたりしていたんですね。
私は、母からは手を出されたことがありますが、父からは手を挙げられたことがないので、男親から殴られるってどんな感じなんだろうと思い胸が痛み、ジョリーさんはとてもつらい経験をされてきたんですね。

現在は良好な関係ということで、よかったです^^
とはいえ、ジョリーさんが言うように、自分と向き合って過去に傷ついた自分を癒していくという作業はした方が心が楽になれますし人生が変わると思います。

なぜなら、今の自分では平気だと思っていても、過去に経験して傷ついた心って、実は心の奥深くに癒されないまま潜んでいるんですよね。

で、その癒されなかった思いが、人生の邪魔をするんです。

私の場合には、親をずっと憎んでいました。
でも、人を憎む気持ちは全部自分に返ってくるんですよね。
だから、人から憎まれたり、いじわるされたりと人間関係がうまくいかないことが多かったんです。

そこで私は、親が今までしてくれたことや、親との確執を経験することで自分の人生で得られたことをノートに書き出して、以前よりも感謝の気持ちを持てるようになりました。

すると、今までよりも人間関係が優しくなっていったんですよね。
それは、自分が発するエネルギーが変わったから。

今までは他人を憎むことが多かったから、そのエネルギーが全部自分に返ってきていただけだったんです。
だから他人から厳しくされるような出来事を多く経験していた。

人生は自作自演なんですね。

人に感謝をすれば周りの人間関係も良好になっていく。(もちろん自分にとって不都合な人がまったくいなくなるということはありませんが)

ジョリーさんは、幼少期に感じたお父様への怒り、悲しみをその当時にちゃんと発散していたでしょうか?
私の場合は、できていませんでした。
母に対して怒りや悲しみを感じてもグッと我慢をしていました。

いじめを経験しても、自分は強くならないといけないと思い、泣くこともしませんでしたし、誰かに相談することもありませんでした。

ネガティブな感情を見ないように、押し込めて生きていたんですね。

でも、ネガティブな感情は発散してあげないと消えていかずにずっと心の中にたまっているんです。

で、大人になるとそんな幼少期の傷などすっかりと忘れてごまかして生きていきますが、なぜか生きづらい、人生につまづいてしまう、ということが起きます。
なぜかスムーズにいかなくなるんですね。

それは、子供の頃に発散できなかった感情が、邪魔をしてるんです。
もちろん、人生がうまくいかないのはそれだけが原因とは限りませんが、ネガティブ感情のクリーニングはかなりおすすめです。

私は数年前、自分と向き合うことをして、過去に体験した出来事を思い出してその時に押し込めてきた感情を感じることをしました。

お風呂場で、母に対して本当は言いたかったことをつぶやきました。
「本当は悲しかった、本当はさみしかった、ありのままの自分をみてほしかった」
そしたら、涙がボロボロ出てきて、今まで経験したことないくらい泣きました。

そのあと、かなり心が軽くなりすっきりしたのを覚えています。

時間を取って、なるべく何度も同じ感情を吐き出してクリーニングすることで効果を感じられます。
繰り返し行うのがおすすめです。

ジョリーさんは、もっとがんばらくてはと思って色々と努力をされてきたんですね。
自己肯定感が低い人あるあるかと思います。

余談ですが、有名人でも多いんですよ。

宮迫博之さんや本田圭佑さんとか。

宮迫さんは、3人兄弟だったかな?子供の頃は自分だけ褒められたことがなかったそうです。だから努力家でもっと上を目指そうと役者や司会などもやっていたんだと思います。

また、本田圭佑さんは両親が離婚して父に引き取られています。
『お前なんか絶対一流になれない、甘い』と毎日のように言われていて、家族に認められたい一心で、毎回見返してやると思いながら努力してきたそうです。

ジョリーさんも同じですね☆
このような人たちは、悔しさや満たされなかった思いを満たそうとして(親からの愛情、承認)努力をするので人生で結果を出している人も多いです。

だからジョリーさんは今まで通り、色々な勉強したり資格を取得したりして向上心を持つ続けることはすばらしいことだと思います^^
過去の辛い経験を活かしてバネにしてしまえばいいんです☆

でも、本当にほしいのは親からの愛情や承認だったりするので、何をしても何を得ても、いつもどこかで物足りなさを感じたり、まだ上に行きたいと思って苦しいかもしれませんが。

で、インナーチャイルドを癒したり、自分で自分自身を認めたりしているうちに、ちょっと向上心がなくなったりします(笑)
なぜなら、自分で自分を認めてあげると、過去に癒されなかった思いが満たされるので、もう誰かに認められたいとがむしゃらに頑張る必要がないからです。

私は、昔はもっともっとがんばらくては。。。とかなりがむしゃらにやっていましたが、自分の内面を癒したら母からの承認を求める必要がなくなり、母に振り向いてもらいたという一心で努力していた気持ちが落ち着きました。

私はけっこうがむしゃらにやっていた自分が好きだったので、それがいいのか悪いのかわかりませんが。
今は母から認められたいという原動力ではなく、ほかの原動力で向上心を持つようにしています。でもほんと、昔ほどがむしゃら感がなくなりました。

自分の話で長くなってしまいすみません。

ジョリーさんは勉強も続けて、内面の癒しも並行してやること、私は賛成です☆
向上心があり努力家なのはいいことですし★
宮迫さんや本田圭佑さんのように、どんどん自分で人生を切り拓いていけると思います。

ぜひまた何かありましたらコメントください^^
長文失礼いたしました。

返信する
ミキ

はじめまして
ミキと申します

1ヶ月前くらいから毎日ブログを拝見して勇気をもらっています

こちらで書かれている断言法やノートに書くことを出来る限り毎日続けているところです

私も幼少期から家庭内が不和だったこともあり、自己肯定感が低く女性性を受け入れられずにいました
彼氏ができたのも20代後半でそれもあまりうまくいかず短く終わることが多いです

なので、neiraさんが紹介されている方法で少しでも変われたらと思って参考にさせていただいています

そんななか、アドバイスいただきたいことがあり、コメントさせていただきました

実は付き合って5ヶ月になる職場の年下の彼がいるのですが、思ったより仲が深められていないことと見捨てられ不安が拭いきれないことで悩んでいます

初めは彼からアプローチしてくれて、私もそれが嬉しくて初めて自分から勇気を出してお付き合いをお願いした人です

ただ、付き合いだしてから、嫌われたくないという気持ちが先走り、一層自分に自信がなく、会話もぎこちなくなってしまいますし、それを恐れて、友達のような接し方をしてみると、これはこれで距離ができてしまったように思えて、うまい関わりがなかなかできずにいます

お互い激務企業とあって、連絡も1週に1度取れば良いほう、会ったのは3月が最後という状況です

そんななか、4月から彼が私の部署に異動となり、ともに働く機会は増えたのですが、彼は優秀で、一方の私は自尊心の低さも相まって仕事がうまくいっておらず、関わるたびに失望されただろうな、と落ち込んでいます
周りには可愛くて優秀な女性も多いので、ますます不安になっています

このままではますます彼の心が離れていってしまうのでは、もう見切りをつけられていてだから連絡もこないのでは、と毎日不安で、neiraさんにご紹介頂いた方法で、一時的にポジティブになるものの、すぐにネガティブな気持ちになってしまうことが増えています

どうすれば前向きで自信のある私になり、彼と良い関係を築いていける私になれるでしょうか
どうすれば自分が嫌われることを気にするのではなく、彼にとって心地よい人になれるかを意識できる人間になれるでしょうか

散漫なご相談になってしまい、恐縮ですが
何かアドバイスいただけますととても嬉しいです

よろしくお願いいたします

返信する
neira

ミキさん、コメントありがとうございます☆
ブログも読んでいただきとてもうれしいです^^

今日はゆっくりとお返事できないので明日か明後日に記事にてお返事したいと思います。

記事にされたくない場合にはコメントください★

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です