人生うまくいかないならわざとやめてみる

こんにちは、neiraです☆

今回は、人生うまくいかないならわざとやめてみる、について書いていきます。

<スポンサーリンク>

人生うまくいかないならわざとやめてみる

 

面倒、やりたくない~てことありませんか?

 

このブログを書いている今は猛暑がつらい夏・・・

neira
neira
私は今、食事の支度をするのが正直面倒です・・・笑

 

でもね、以前までは、面倒って思うこと自体がダメだと思っていたんです。

 

一応、結婚していて主婦なので、家事をこなして当たり前、食事の支度はやらなくてはいけないと思っていたんですね。

 

しかも、私は以前は完ぺき主義だったので、食事は外食や、スーパーのお惣菜などは手抜きだからよくないと思っていました。

 

食事の支度だけでなく、掃除に対してもそうだったんです。

 

なんでか今考えるとすごくおかしいんですが、私、掃除機を使って楽するのも自分に許可していなかったんですよ!

 

掃除機で楽をしてはいけない、雑巾、もしくはモップなどで床をいつでもピカピカに保たないといけないと思っていました。

 

とにかく、完ぺき主義。

 

家事がきちんとできない自分が許せなくて自分に厳しかったんです。

 

でね、当時は夫婦仲があまりよくなくて。

 

夫に責められることが多かったんですよ。

 

共働きでフルタイムで仕事をした後に帰ってきてすぐに家事をしなくてはいけない、一日座って休む暇もなくずーっと働きっぱなしで心身が疲れ切っていた私・・・。

 

もう限界だと思ってちょっと休もうと布団に横になったとたん、夫が近寄ってきて,

 

あれ?さぼっているね~。

と。

 

殺意がわきました。(言葉は悪くてすみません~)

 

夫は仕事から帰ってきてもマンガ読んだり携帯いじったりしているだけ。

 

なんで私だけ外で働いて家でもずーっと働きっぱなしなんだろうと。

 

心身があまりにも疲れすぎて、仕事帰りにスーパーのお惣菜を買って夕食に出したら・・・

 

え?手作りじゃないの?手作りがいいのに・・・

と言われる始末。

 

夫の言動や、仕事と家事の両立にイライラする日々を過ごしていたんです。

 

そんなある日、私はこの本を読んで、完ぺき主義な自分、頑張りすぎる自分をやめることにしました。


がんばるのやめよー!完ぺきを目指すのはやめよー。しんどい時はやらなくてもいいや。

と、考えを変えたんですね。

 

 

今までは、少しでも家事をさぼると自分で自分を無意識に責めていたんですよ。

 

なんでこんなこともできないんだよ。ちゃんとやれよ。

て。

 

でも・・・

人間完璧じゃないんだから、心身の具合が悪い時だってあるし。しんどい時は休んだっていいじゃん。ちょっとくらいさぼったって大丈夫だよ。

て自分で自分を責めそうになった時に許すことにして、優しく言葉をかけてあげることにしたんです。

 

食事の支度が面倒だと思ったときには・・・

いつもがんばっているんだから今日はいいよ、休もう。スーパーや外食だっていいじゃん。

と。

 

夫に対しても罪悪感があったんですが、自分を責めるのをやめて許したら、

今日は料理作るのしんどいから買うか食べに行くかしたい!

て臆せず言えるようになったんですね。

 

で・・・不思議なんですが、自分を責めるのをやめて時々さぼることを許して、自分に甘くしたら・・・

なんと夫の言動も変わったんですよ!

 

今までなら、ちょっとでも家事をさぼると文句を言われていたのに・・・

 

料理作るのしんどいなら、スーパー行くか外食でもしよう!

て夫の方から提案してくれるようになったんです。

 

自分で自分をどう扱っているか=人からどう扱われるか

というのを現実に体験したんですね。

 

自分に厳しく、完ぺきを求めていて、できなかったらひどく自分を責めていたので、夫からも同じように完ぺきを求められてできない時にはひどく責められていた・・・

 

夫に対しては、「私こんなにがんばっているのに。なんで認めてくれないんだろう。」て腹が立っていたけど、実は私自身が自分を責めて自分を認めていなかっただけだったんです。

 

夫が私にしていた言動は、自分が自分にしていた言動そのもだったわけです。

自作自演だったんですね。

 

だから、自分に対しての言動を変えて、責めるのをやめて優しく甘くするようにしたら、夫の言動も優しく甘く変わったわけです。

私はこの経験を実際にしたので、自分が自分をどう扱うか=相手からどう扱われるか、て本当なんだなて実感しました。

<スポンサーリンク>

まとめ

 

人生うまくいかないなら、やりたくないことや面倒なことをわざとやめてみるのもおすすめです。

とはいえ、やりたくないことや面倒なことをまったくやらならい、というわけではありません。

毎日、一瞬一瞬をいっしょうけんめい生きることに集中し、いやなことや面倒なことも時には立ち向かうことも必要です。

しかし、心身が疲れてしまったときには、休むことも大事。

やらない自分、できない自分を責めずに、「大丈夫だよ、今日はさぼろう!」と甘くしてあげましょう。

そうすると、不思議なことに周りの人からも優しくされるようになりますよ!

 

 

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です