付き合う前に体の関係を持ってしまった・・・もうダメなの?好転方法も紹介【体験談】

こんにちは、neiraです☆

 

「付き合う前に体の関係を持ってしまった・・・」

「付き合う前に体の関係を持ってもいいの?」

 

とお悩みの人はいませんか?

 

今回は、私の体験談をもとに、付き合う前に体の関係を持ってしまったらもうダメなのか?についてと、体の関係を持ってしまった後の好転方法についてお話していきます。

<スポンサーリンク>

付き合う前に体の関係を持ってしまった・・・もうダメなの?好転方法も紹介【体験談】

 

結論からいうと・・・

 

付き合う前に体の関係は持たない方がいいです。

 

が!

 

持ってしまったら100%そのあとうまくいかないかといったらそうではありません!

 

付き合う前に体の関係を持ってしまっても、自分のその後の行動次第で、彼とお付き合いをして夢中にさせることもできます。

 

neira

なので、もうすでに付き合う前に体の関係を持ってしまった・・・という人でもあきらめたり悲観したりする必要はありませんよ☆

 

では、なぜ付き合う前に体の関係は持たない方がいいのか解説していきます。

 

付き合う前に体の関係を持たない方がいい理由

 

はい、その理由は・・・

男女の恋愛観の違いですね。

 

男性は体の関係を持つまでテンションが上がり続け、体の関係を持ってしまうとテンションが下がる

 

女性は体の関係を持つまではけっこう冷静だけど、体の関係を持ってしまうと相手の男性に夢中になる傾向がある

 

neira

こんな感じで、男女は逆の恋愛観なので、すれ違いが起きてしまうんですよね・・・。

 

 

男性は体の関係を持つことを1つの目的としています。

 

女性と付き合うのは、体の関係を持ちたいからという男性もいますね。

 

なので、体の関係を持つまでは女性を振り向かせるために必死にがんばります。

 

しかし、体の関係を持ってしまうと・・・

これでこの女性は自分のものになった!

と満足感や達成感を味わってしまう。

 

体の関係を持つことで、女性の心までいただいた気になるんですね。

 

となると・・・

 

もう女性を振り向かせるためにあれこれ頑張る必要はないというわけで、テンションが下がってしまいます。

 

目的を達成したという感じですね。

 

一方で、女性は、男性と精神的なつながりを持ってもっと親しくなりたいと思っています。

 

男性と違って、体の関係を持つことが目的ではないんですよね。

 

で、一度体の関係を持ってしまうと・・・

 

相手の男性に対してもっと気持ちが大きくなって執着が芽生えてしまうんです。

 

体の関係を持つことで・・・

●男性は気持ちが冷めて落ち着く

 

●女性は気持ちがもっと盛り上がる

こんな真逆な心理になるので、すれ違いが起きてしまうことが多いんですよね。

 

体の関係を持ったことで、男性が以前よりもそっけなくなるので、男性への愛情がさらに大きくなった女性は一気に不安が大きくなる。

 

あんなに連絡をたくさんしてくれたのに、最近連絡が少ないしかなりそっけない・・・

 

なんで?

 

私のこと好きじゃなくなったの?

遊びだったの?

 

ほかに好きな人ができたの?

モヤモヤが大きくなって、彼に対して・・・

 

●連絡をしつこくせまる

 

●今まで以上にたくさん連絡をしてしまう

 

●今まで以上にたくさん会いたがる

 

●不安や不満などのネガティブな感情をぶつけたがる

 

●女性関係や自分への愛情を疑うようになる

こんな感じで男性が嫌がる言動をしてしまうんです。

 

で、男性が余計に女性のことを避けるようになる・・・。

 

neira

こういったすれ違いって恋愛あるあるだと思うんです。

 

だからね、付き合う前に体の関係を持ってしまい、男性に目的を達成させてしまったら、そのあと付き合える可能性はグッと低くなってしまうんですね。

 

だってもう、体の関係を持ってしまったし、女性の体も心も自分のものになって付き合う必要はなくなったから。

 

でも!

 

先ほどもお話したように、体の関係を持ってしまったからといってその恋をあきらめたり、落ち込んだりする必要はありません。

 

では、次に、付き合う前に体の関係を持った後に恋愛を好転させる方法を紹介しますね☆

 

付き合う前に体の関係を持った後でも恋愛を好転させる方法

 

それは・・・ずばり・・・

体の関係を持った後に相手の男性に夢中にならない

です。

 

具体的に言うと・・・

連絡をしたり会ったりするのを控えて自分磨きや好きなこと・やりたいことをするのに夢中になる

 

のがおすすめ。

neira

これ、いつも私がブログで話していることですね。

 

なぜ、これをするのがいいかというと・・・

 

体の関係を持ったからといってあなたに夢中になったわけではありませんよ。

 

体はあげたかもしれないけど、心はまだあなたのものではありません。

 

ということをしらしめることができるから笑

 

そして、相手との距離を詰めすぎた時は、意図的に距離をはなすことで恋愛の状況をよくすることができるからです。

 

女性がやりがちなのが・・・

 

体の関係を持った後に、男性にベタベタ甘えすぎて急に彼女面をしてしまうこと。

 

体の関係の後に多少甘えるのはいいと思いますが、冷静になれなくて彼に依存をしてしまうのはNGです。

 

たとえば・・・

 

帰りたくない~

まだ一緒にいたい~

と駄々をこねたり・・・

 

私のこと好き?

好きって言って~

とちょっとうっとおしい、気持ちの確認の質問したり・・・

 

これって付き合っているの?

なんで私と関係を持ったの?

遊びなの?

付き合ってくれるの?

と関係性に対して白黒はっきりさせようと問い詰めたり・・・

 

これやると・・・・

 

あ、俺のことが好きなんだな。

 

俺に夢中なんだな。

もう心もいただいたわ・・・。

て、つけあがらせてしまったり・・・。

 

うーん・・・。

なんかこの子重くて面倒だな。

うっとおしいな・・・。

束縛ひどそうだな。

て、うっとおしがられたりするんですね。

 

好きな男性と体の関係を持ってしまったら、女性はその男性に思い切り甘えたいのは当然のことなんですが・・・。

 

飽きられて気持ちが冷められてしまうのが嫌だったら、とにかく体の関係を持ったら距離をとることがおすすめです。

 

なかなか難しいかもしれませんが、距離をとっている間に、自分磨きをしたり好きなことに打ち込んでいたりすると気を紛らわせることができます。

 

自分磨きをしたり好きなことに打ち込んでいたりするのは恋愛に効果的、ていうのは、これはもうこのブログでしつこく何度も言っていることですね。

 

●距離を作ることで男性をさみしくさせることができて興味を惹かせることができる

 

●自分磨きをすることで自己肯定感がアップして潜在意識レベルで「私は魅力的」とすりこむことができるから恋愛に効果的

 

●恋愛や彼に夢中になるのではなく、自分の時間に夢中になることで、執着が薄れてエネルギーがよくなり現実が好転しやすくなる

 

●自分の時間に夢中になることは、自分を大切にする行為なので、周囲の人からも大切にされるようになる(自分が自分をどう扱うか=人からどう扱われるか)

こんな効果が期待できます。

 

体の関係を持ったのに、女性が冷静でいると、男性の方が・・・

あれ?俺のこと好きじゃないのかな?

て不安になって・・・

 

まだこの女性を手に入れていない。

 

この女性をもっと夢中にさせたい!

と思って、体の関係を持ってしまったとしても彼に達成感を味あわせないで、追いかけさせることができます。

 

男性は、一度体の関係を持ったとしても、しばらく時間をおくとその女性とまた関係を持ちたくなった時に連絡してくる傾向があります。

 

その時が勝負です笑

その時が来るまで、彼と距離をとって自分の魅力をアップさせておきましょう。

 

そして、2回目のお誘いがあったらその時はやすやすと体の関係を持たないようにする。

 

体の関係をすぐに許してしまうと、安っぽい女性になってしまい価値が下がるんです。

 

で、心まで許してしまったら、男性にとってその女性の価値はグッと下がってしまうんです。

 

だからこそ、付き合う前に体の関係を持ってしまった時には、心まで許さないこと。

 

男性と距離をとり、あなたの思い通りにはなりません的な、態度でいる。

 

その間に、モヤモヤしながら過ごすんではなくて、自分磨きをしたり好きなことに打ち込んだりして自分の魅力をアップさせることに時間を使うこと。

 

こうすることで、相手の男性の思い通りにならず、自分の価値を下げずに魅力をアップさせることができます。

 

まちがっても、男性に呼ばれてすぐにとんでいき、2回3回と体の関係を持つのはやめた方がいいですね。

 

私の体験談

 

では、私の体験談をお話していきますね。

 

まず子供の頃の話をさせてください。

 

私は子供の頃から母を反面教師として見てきました。

(もちろん尊敬している部分もあります)

 

なぜかというと、母は父に対して依存心が感じられて・・・

浮気してるんじゃないの?

 

私のことを愛しているの?

 

愛しているって言って。

こんなセリフを、子供の前でも平気で言っていたんですね。

 

私はそれを聞いて、子供心に・・・

あ、こういう言動をする女性はみっともないな。

 

自分はこうはなりたくないな。

こんなふうに無意識に思っていたんですね。

 

幼少期から母と父のやりとりを見ていて、女性が男性に感情的にすがったり、ベタベタ甘えたりするのはみっともないなと思っていましたし、そういった言動をしても男性の気持ちは惹きつけられないと感じたんですね。(実際に父は家に寄り付かなかったので。)

 

幼少期からの家庭環境で恋愛を自然に学んでいたのかもしれません。

 

こんな経験から、私は・・・

男性にベタベタ甘えるのはみっともない

という思いをずっと持っていました。

 

また、私は母に甘えられなかったという家庭環境から、元々甘えるのが得意ではなかった、うまく人に甘えることができなかったという面もあります。

 

そんな私は、男性と体の関係を持ったとしても決して甘えることなくむしろさっさとその場を離れたり、背中を向けて寝ていたりしたんです・・・。

 

ある男性と体の関係を初めて持った時にこう言われました。

 

なんかすごく冷静だね・・・。

 

てか、早く帰りたそうだね・・・。

 

体の関係を持ったとしても私は男性に夢中になったような言動をしなかったので、相手は手ごたえを感じなかったのか、そのあともお付き合いは続きました。

 

そして、体の関係を持った後でも尽くしてくれたり優しくしてくれたりして、とても大事にしてくれました。

 

もしね、私がこの男性と体の関係を持った後に、ベタベタ甘えて依存をしてしまっていたら・・・

 

男性の気持ちが冷めて邪険に扱われていたかもしれません。

 

今の夫からも、私は全然甘えてこないと言われました。

というか・・・

女じゃないみたいだね。

変な人だね。

と言われています💧

 

夫の前の彼女は、腕枕をしたりして甘えていたらしいです。

 

私は一切したことがありません。

 

男性に腕枕をしてもらったことはありますが・・・

頭痛い・・・

1人で寝たい・・・なんならはやく帰って1人でゆっくり寝たい。

と思っていたくらいなので、やはり女っぽくなく変わった人なのかもしれません笑

 

まぁ、ここまでくると極端ですし、私のようにクールすぎると逆にうまくいかないこともあるのでおすすめできませんが💧

 

私的には、体の関係を持ってしまったとしても、決して心までは許さない方がいいと思っています!

 

かわいく甘えるのはいいですが、サッと引くことも大事だと思います。

余韻を惹かず早めに帰るとかね。

 

ここで注意点!!

 

なんですが、私の今までの経験上、逆に体の関係を拒否したことで関係が悪くなってそのあと連絡途絶えたということもありましたよ笑

 

これは、断り方が悪くて相手の男性のプライドを傷つけたか、元々遊びだったんでしょう。

 

こういうケースもありますので、一概に、

体の関係を持つのはダメ、体の関係を断る方がいい、とは言えないんですね。

 

その気にさせておいて体の関係を断ると男性のプライドを傷つけて怒りを買います。

 

なので、男性との付き合いがまだ浅い場合には、体の関係を連想させないように昼間から会って健全なデートをするようにし、心のつながりを深めるのがおすすめです。

 

 

<スポンサーリンク>

まとめ

 

今回は、付き合う前に体の関係を持ってしまうことに不安を感じている人に向けてお話をしてきました。

 

体の関係をすぐに許すと、軽い女性だと見られて価値や魅力が下がってしまいます。

 

だから、付き合う前には体の関係をすぐに許さない方がいいです。

 

しかし、持ってしまったからといってそのあとダメかというと、そうでもありません。

 

体の関係を許しても、心まで許してしまわなければそのあといくらでも好転させることができます。

 

男性は一度関係を持っても、しばらく時間をあけるとまたその女性と関係を持ちたくなってひょっこり連絡してくるといいます。

 

その習性(?)を活用して、男性と距離をとりその間に自分の魅力をアップさせることに時間を使いましょう。

 

そして、2回目に誘われてもうまくかわして体の関係をやすやすと結ばないこと。

 

そうすれば、魅力的なあなたを手放したくないと感じた男性が、大事にしてくれてお付き合いにいたる可能性が大きくなります。

 

何か参考になれば幸いです。

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です