嫌われるのが怖いと震えていた私の心が楽になった5つの理由【体験談】

こんにちは、neiraです☆

 

「嫌われるのが怖い・・・」

 

そう思っている人はいませんか?

 

neira

嫌われるのなんて誰だって嫌ですよね💧

 

私は、母親から冷たくされたり、「嫌い」と言われたり、小学生の時にいじめにあったりして、人から嫌われる怖さを昔から知っていました。

 

そのため、人に嫌われるのが怖いと極度に恐れていました。

 

しかし、今では人に嫌われるのが怖いという気持ちは、昔に比べたらかなり楽になりました。

 

そこで今回は、人から嫌われるのが怖いと悩んでいる人の心が楽になれるお話をしていきます。

<スポンサーリンク>

嫌われるのが怖いと震えていた私の心が楽になった5つの理由【体験談】

 

嫌われるのが怖いと思っていた私の心が楽になった理由は・・・

人はみんな価値観や考え方が違うということを知ったから

全員に好かれるのは無理だとわかったから

多くの人に好かれることが必ずしもいいことではないと知ったから

人は誰もが未熟で完ぺきな存在ではないから

好かれることのデメリット、嫌われることのメリットもあるから

人の気持ちはコントロールすることができないから

 

です☆

neira

では、簡単に1つずつ解説していきます。

 

人はみんな価値観や性格、考え方が違うということを知ったから

 

人はみんな、生まれた環境、育った環境が違うし、赤ちゃんから大人になるまでに経験することもバラバラ。

 

だから価値観や性格、考え方が違って当然。

 

同じ家で育った兄弟でさえもで、価値観や性格、考え方は違いますよね。

neira

誰一人としてまったく同じ人はいません。

 

みんな違うから、当然、意見や価値観の違いでわかりあえないと思うこともあります。

 

だから、自分の価値観と合わない人がいて当然。

 

自分のことを好きだという人もいれば嫌いだという人もいて当然ですよね。

 

そう思ったら私はすーっと心が軽くなりました。

 

全員に好かれるのは無理だとわかったから

 

上記の内容とつながっていますが、みんなそれぞれ価値観や考え方などが違うんだから全員に好かれるのは無理ですよね。

 

昔は、すべての人に好かれないといけないと思っていましたが、そもそも全員に好かれるなんて無理な話だと悟ったら気持ちが楽になりました☆

多くの人に好かれることがいいことではないと知ったから

 

世間では、多くの人に好かれるのがいいことのような価値観がありますよね。

neira

まぁ、多くの人に嫌われるよりは好かれた方がいいですが・・・。

 

でも、友達が多い人、人脈が広い人がすばらしい人かというとそうではありません。

 

たくさんの人に好かれるためには、誰に対してもよい顔をしなくてはならず、表面だけのお付き合いをしているということもあるのです。

 

もちろん、それは悪いことではなく、色々な人と合わせられる能力があるということですが☆

 

しかし、自分を偽って人に合わせて生きていくのは疲れます。

(経験ありです)

 

しかも、八方美人だと思われて信用が少なくなる可能性もあります。

 

一方で、人の目を気にせずに自分らしく生きていたら自然と自分に共感してくれる人が集まってきます。

neira

自分らしく生きていれば、価値観の違う人から嫌われることもあると思いますが、それは仕方がないこと。

 

がんばって多くの人に合わせてうわべだけの自分を好きになってもらうよりも、本当の自分で生きて、気が合う人と一緒にいた方が幸せなのではないかと思うようになりました。

 

多くの人に好かれるのがいいという考えを手放したら、心が楽になりました。

 

人は誰もが未熟で完ぺきな存在ではないから

 

人は誰もが未熟で完ぺきな存在ではありません。

neira

生きていく中で、人を傷つけてしまうこともあるし、嫌われてしまうこともあります。

 

私は昔、人から嫌われることはよくないことと思っていたので、みんなから好かれる完ぺきな自分を目指していました。

 

しかし、色々な人に好かれようと自分ではない何者かになってがんばっている自分にむなしさを感じて、私は一体何をやっているんだろうと思ったことがあります。

 

誰から嫌われた時、自分が嫌われる要素があるからだと落ち込んだり責めたりしてしまいがちですが、そんな必要はありません。

 

人は未熟なのだから誰でも人から嫌われるような部分を持っています。

 

また、誰かに嫌われると、自分を嫌った相手を憎みがちですが、相手も同じ人間で未熟な存在だと気づけば許せる余裕ができます。

 

私は自分が未熟な存在であると気づいたら・・・

別に嫌われてもいいじゃん。

 

全ての人に好かれるような完ぺきな存在の人なんていないし。

 

そう思えるようになって心が楽になりました。

 

好かれることのデメリット、嫌われることのメリットもあるから

 

好かれることにはデメリットもありますし、逆に嫌われることのメリットもあります。

 

これはいつもこのブログでしつこいくらいに紹介している正負の法則ですが・・・。

 

どんな出来事にも同じ量だけのプラスとマイナスがあります。

 

だから人から好かれることにメリットがある分、同じ量だけのデメリットもあります。

 

これは私の個人的な考えなので、メリットやデメリットは人それぞれ違いますが、私にとっての人から好かれることのデメリットは、嫌われる怖さがあるということ。

 

好かれるとうれしいけど、いつどんな地雷を踏んで嫌われるかもしれないという恐怖があります。

neira

好意を持ってくれてた人に嫌われるのって、落差がはげしすぎてめちゃくちゃつらいですよね・・・。

 

一方で、はじめから嫌われていれば、嫌われる恐怖はありませんし、この人に嫌われたくないというプレッシャーもありません。

 

だからけっこう気が楽だったりします。

 

何かのきっかけで私への気持ちが変わって好きになってくれるかもしれないですしね。

neira

嫌われていたのに、ひょんなことで意気投合して好かれるようになったらめちゃくちゃうれしいです☆

 

嫌われているとそういった希望が持てるような気がします。

 

好かれている状態だと、いつか嫌われるんじゃないかと思ってしまうので。

 

こんな風に、私は好かれることのデメリットや嫌われることのメリットを考えたら心がすーっと軽くなりました。

 

人の気持ちはコントロールすることができないから

 

人の気持ちはコントロールすることができません。

 

何を思おうが何をしようが、その人の勝手ですよね。

 

だから、自分のことを嫌いと思う人がいたとしても、その人の気持ちをどうにかすることはできないのです。

 

これね、コントロールしようとすればするほど、コントロールできない現実がやってくるので💧

コントロールできないものはどうにかしようとせずに、そういうものだと受け入れてしまった方がいいかなと思います。

 

人の気持ちのように、コントロールできないことにモヤモヤとした時間を割くのはもったいない。

 

だったら、嫌われていることを思い悩むよりも、今自分が楽しめることに時間を使った方がいいと思えるようになりました。

私の体験談

 

私は小学生の時に突然いじめにあいました💧

 

仲がよくていつも一緒に帰っていた友達からいきなり悪口が書かれた手紙を渡されたのがきっかけです。

neira

今まで仲が良かったと思っていて、好かれていると思っていたのでかなりびっくりしました。

 

私が無口でおしゃべりが上手じゃないからという理由で、「宇宙人」というあだ名までつけられていたのです。

 

人から嫌われるってすごくショックですし、みじめで悲しかったです。

 

心がどんより重くて、まるで生き地獄のようでした。

 

この時に初めて人から嫌われる怖さを味わったと思います。

 

また、母からも嫌われていたことがありました。

 

中学生か高校生の時には直接「嫌い」とも言われたのです。

 

大人になってからも職場で悪口を言われたこともありますし。

 

こんな経験から、私は人から嫌われることに対して非常に恐怖を感じていました。

 

それは、実際に人から嫌われたことで感じる胸の痛みが相当つらかったからです。

 

もうこんなつらい思いはしたくない・・・

人から嫌われたくない・・・

 

そう思っていた私は、人に好かれるように明るくふるまっていました。

 

それで多くの人と良好な関係を築けるようにはなっても、人から好かれるようにふるまっている偽りの自分がいつかバレるのではないか、いつか嫌われたらどうしようという恐怖にさいなまれたのです。

 

また、色々な人に嫌われないように自分を押し殺す毎日は、とても苦しく窮屈で大きな疲労感を味わっていました。

 

私は何をこんなにがんばっているんだろう・・・。

 

私は嫌われないように好かれたいという気持ちで人と接していましたが、そもそもすべての人に好かれるなんて不自然であり、そんなことに何の意味があるのだろうと思うようになりました。

 

そこから私は、昔に比べて人から嫌われるのが怖いと思っていた気持ちが楽になったんです。

 

誰かから嫌われると、自分の価値を否定されているようで、自信をなくしますよね。

 

心が重く悲しくとてもつらい気持ちを味わいます。

 

でも、その気持ちを否定する必要はないと思います。

気にしちゃだめだ。

明るくいなくちゃ。

 

などと無理に元気にならなくてもいいんじゃないかなと思います。

 

だって、人から嫌われて悲しくつらくなるのは、大切な自分を傷つけないように自分で自分を守っている行為だし。

 

自分の価値は、誰かから評価されるものではありません。

 

人は好き勝手にあれこれ評価して、好きか嫌いかを決めますが、その判断基準はあいまいです。

 

バナナが好きな人もいれば、バナナが嫌いな人もいる。

犬が好きな人もいれば犬が嫌いな人もいる。

 

それはなにかのトラウマが原因だったり、ただの好みだったり、ただそれだけのこと。

 

人気があるタレントさんだってアンチはいますしね。

 

職場や学校など集団で嫌われたとしても、自分に価値がないからではなく、その場所や人々が自分には合わなかっただけ。

 

ただそれだけ。

 

自分の価値観を認めてくれて自分らしくいられる環境は必ずどこかにあります。

 

人から嫌われたからといって自分には価値がないと判断しないください☆

 

昔の私は、いじめや母との関係で・・・

私は人から嫌われる存在で価値がないんだ。

私は人に迷惑をかけるだめなやつだ。

 

本気でこう思っていました。

 

人からの評価によって自分の価値を決めつけていたんですね。

 

でもね、これって悪循環なんですよ。

 

なぜなら、自分で自分を嫌っていて価値がないと思っていると、人からもそう思われて雑に扱われてしまうから。

 

自分が自分をどう扱っているか=人からどう扱われるか

なんです。

 

だから、どうか人や世間からの評価をうのみにして、自分の人生を不幸にしないでいただきたいです☆

 

自分だけはつねに自分の価値を認めて味方でいましょう。

 

いや、自分でも自分のことを価値がないと思ってしまっていて、どうしても自分を認められないし好きになれない・・・。

という人もいるかもしれません。

 

そういう人は・・・

●自分を責めそうになったら「大丈夫だよ。」と許してあげる

 

●「今日もよくがんばったね。」と自分で自分をほめてあげる

 

この2つを毎日習慣化するくらいやってみてください★

 

これ、効果絶大ですから。

 

そうすれば、自己肯定感が上がり、周りから大切にされるようになります。

 

周りに大切にされるようになっても、すべての人に好かれるのは無理なので時には自分を嫌ってくる人もいるとは思いますが、それでも自分だけは自分の味方でいましょう^^

<スポンサーリンク>

まとめ

 

人から嫌われると、自分の価値を否定されたようでとてもつらいですよね。

 

でも、人はそれぞれ違う価値観や好みを持っていますし、感じ方もバラバラです。

 

だから、あなたのことを嫌いだという人もいれば好きだといってくれる人もいます。

 

そんな曖昧な人からの判断基準で自分の価値を決めてしまうのはもったいないですよね。

 

私は人から嫌われることを極度にこわがっていました。

 

でも・・・

人はみんな価値観や考え方が違うということを知ったから

全員に好かれるのは無理だとわかったから

多くの人に好かれることが必ずしもいいことではないと知ったから

人は誰もが未熟で完ぺきな存在ではないから

好かれることのデメリット、嫌われることのメリットもあるから

人の気持ちはコントロールすることができないから

 

こんな理由から、人から嫌われたとしてもただその人の価値観に合わなかっただけだと思うようになって心が楽になりました。

 

人も悪口を言いふらしていたり、嫌がらせをしていたりなど、自分が明らかに人に嫌われる言動をしていたならそれは改善する必要があると思います。

 

しかし、理不尽に人から嫌われたとしても自分の価値は、人から判断されるものではありません☆

 

ぜひ何か参考になれば幸いです★

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です