引き寄せの法則の罠②【人生好転のためにトライ&エラーしてきた私が語ります】

 

こんにちは、neiraです☆

以前の記事で、引き寄せの法則の罠①【人生好転のために20年以上トライ&エラーしてきた私が語ります】を紹介しました。

 

今回は第二弾として、伝えられなかった引き寄せの罠について紹介していきますよ!

 

 

関連記事

引き寄せの法則の罠①【人生好転のために20年以上トライ&エラーしてきた私が語ります】

まだ読んでいない人は上の記事も読んでみてくださいね☆

 

<スポンサーリンク>

引き寄せの法則の罠②【人生好転のために20年以上トライ&エラーしてきた私が語ります】

引き寄せの法則・・・昔、人生をどうにかしたいと考えていた私は、魔法のツールを手に入れた!とテンションが上がっていました。

 

引き寄せの法則を活用すれば、なんでも欲しいものが手に入ったり、望む出来事を引き寄せたりできるんだ、もう人生バラ色だ!と。

 

希望を胸に様々な引き寄せの本を読んでみたものの、結局何をすればいいの?となり、なんとなくイメージをしたりポジティブでいたりして・・・叶ったこともありましたが、まったく叶わないことも。

 

なんで?なんで?となり、引き寄せの法則の情報はあふれているのに、私は引き寄せ難民になっていたんです。

neira
neira
私と同じように感じている人、いるのではないでしょうか?

私は引き寄せの法則やら潜在意識の活用やらを20年以上ためしてきましたが、その経験からわかったことがあります。

 

引き寄せの法則のような楽していい出来事だけを得られる魔法のツールは存在しないのではないかと。

いや、存在はするのかもしれません。

 

私が実際に叶った経験があるからです。

 

ただ、楽していい出来事だけを得られるわけではないということです。

 

この世界は正負の法則でできているんです。

 

正負の法則とは?
どんな物、出来事にも必ずプラスとマイナスがあるという法則


何かを手に入れたならその対価として何かを失うことになるんですね。

 

たとえば、洋服が欲しいと思ったら、お店で洋服を買ってその対価としてお金を払いますよね。

 

洋服を手に入れる代わりにお金を失う。

 

引き寄せの法則を活用して、洋服が欲しいと願ったとします。

 

で、思わぬところから自分が欲しかったデザインの洋服をタダで手に入れることができました。

 

この場合、洋服をタダで手に入れた、というプラスの出来事ですよね。

 

正負の法則で考えると、同じ量だけのマイナスをどこかで経験することになるんです。

 

それはどんなマイナスなのかはわかりません。

 

たとえば、なにかほかのものを買ったときに、お釣りを間違えられて損をしてしまうとか。

 

お金を落としてしまうとか・・・

 

お金とは限らず、ほかのマイナスに感じる出来事かもしれません。

 

引き寄せの法則で楽をしてプラスだけを手に入れたとしても、結局どこかでマイナスを経験しないといけないということです。

 

そう、必ずプラスマイナスでゼロになるようにこの現実世界はできているようです。

 

なんとなく信じられるような信じられないような・・・て感じですよね。

 

そりゃそうですよね。

 

神様が「この現実世界には正負の法則がありますよ!」と言ったり、科学で正負の法則が証明されていたりするわけではありませんから。

そんな法則が実際にあるかどうかなんて誰もわからない・・・

 

でも、私は今まで生きていて、この正負の法則はなんとなく実感しているんですよね。

 

なせかというと・・・

●世の中で成功を収めている人はそれ相応の努力をしていたり、絶望を感じるほどの挫折を味わったりしているのを、多くの成功者の本を読んで実感しているから

 

●自分が引き寄せの法則で楽をしてお金を得た時、そのあと今までにない体調の悪さを味わうなどマイナスな出来事がやってきたから

ざっくりいうとこんな感じでなんとなく正負の法則を実感しているんです。

 

私はビジネス本や自己啓発本が好きで多く読んできましたが、成功者といわれている人は必ずと言っていいほど大きな挫折を味わっていたり、そもそも家庭環境に恵まれていなかったり・・・かなりの努力をしていたり・・・

 

「成功」という大きなプラスを得る前に、それと同じくらいの量の大きなマイナスを必ず経験しているんです。

 

成功者って、ほかの人から見るととてもキラキラして人生充実しているように見えるかもしれませんが、陰でかなり苦労や努力をしています。

 

プラスの出来事だけ起こる人はいないのです。

 

結局のところ、どの人も同じ量だけのプラス、マイナスを経験しているんですね。

 

だからむやみに成功者をうらやましがる必要はないのです。

 

だって大きな成功を得るためには、それ相応のマイナスを経験しなくてはいけないのだから。

 

また、私は引き寄せの法則を活用すれば楽をしていい思いができると信じていました。

 

実際に、数万円の臨時収入を楽して手に入れたこともあります。

 

しかし!

それから少しして私は体調を崩して今までにない苦痛を経験したのです。

 

また、金縛りを経験して怖い思いもしました。

 

臨時収入を得たことと、体調を崩したり金縛りを経験したりしたことがつながっているのかはわかりません。

 

しかし、臨時収入を得て幸せだったはずなのに、当時の私はけっこうつらかったのを覚えています。

 

話はちょっとそれてしまいましたが・・・

引き寄せの法則を活用したい時って、楽して欲しいものを手に入れたい、楽して人生よくしたい、という思いがありませんか?

人間、つらいことや面倒なことなどマイナスは経験したくない、なるべく楽したいと思うのは当然のことですよね。

 

しかし!

引き寄せの法則で楽して願いが叶ったとしたら・・・

そのあとでそれ相応のマイナスをどこかで払わなくてはいけないんです。

 

ちょっと怖くないですか?

 

これは美輪明宏さんの「ああ正負の法則」を読むともっと理解できると思います。


美輪明宏さんがいうには、たとえば新築で家を建てるとその対価としてなにか不幸な出来事が起きることが多かったり・・・

お金持ちの家には精神病者や病気の家族がいたりすることが多いそうなんです。

 

本当かよ?

 

て思うかもしれませんが、私は以前アパレルの仕事をしていた時に、経験したことがあります。

 

ブラックカードを所有しているお金持ちのおばあさんがお客様でいたんですね。

 

店長がそのお客様に誘われて食事をしたそうなんですが、飲食店に行くとオーナー?かなんなのか、上の人がわざわざそのおばさんに挨拶をしに出てくるそうです。

 

そのおばあさん、かなりのお金持ちみたいですが、いつも連れて歩いている家族の女性が精神的な病気を抱えているんです。

 

美輪明宏さんが本で言っていた通り、お金持ちの家族には精神病の人がいる・・・

 

もちろん、すべてのお金持ちにあてはまるわけではありませんが、お金をたくさん持っていたとしても、家族仲が非常に悪かったりなにかしら負の部分を抱えているそうなんです。

また、私の知り合いの知り合いに資産家の人がいってかなりの豪邸に住んでいるそうですが、強盗とか、いつも命を狙われるのではないかという恐怖があるそうです・・・

お金持ち(プラス)=命が狙われる恐怖、家族問題(マイナス)

お金持ちだからと言って幸せだとは限らないのです。

 

そう、人生、プラスとマイナスはセットになっているんです。

●欲しいものがあったら、その対価としてお金を支払うなどマイナスを出さなくてはいけない

 

●成功したかったら、その対価として努力をしなくてはいけない

私はそう実感しています。

引き寄せの法則で楽をしてなにかを得ることは実は好ましいものではないと思うんです。

 

宝くじが当たった人のほぼすべての人が後々になって、事件に巻き込まれたり借金をしてしまったりと宝くじが当たる前よりも不幸になっているそうです。(実際に統計が出ているようです)

 

怖いですよね・・・

じゃあ引き寄せの法則はどうすれば成功するの?

引き寄せの法則で実際に叶ったことがあるので、引き寄せの法則はあると思います。

しかし、楽をして手に入れたらその対価としてどこかでマイナスの出来事を経験することになっていると思うんです。

じゃあ、引き寄せの法則を成功させて、欲しいものや出来事を引き寄せて幸せになるにはどうすればいいの?

その方法は、先に自分でマイナスを払ってしまうということです。

 

たとえば、「臨時収入を得たい」と思ったら、うーん、なんですかね?

 

臨時収入を得る代わりに人に何かを与える(お金とか物でなくても、親切な気持ちでなにかをしてあげるとか)ことを日常的にするとかですね。

夢を叶えたい、成功したいんだったら、そのためにそれ相応の努力をすること。

楽して得ることを考えない方がよいと思うんです。(私は実際に楽をして手にいれた後苦しみました・・・)

 

先にマイナス(負)を払った方が人生うまくいくというのも、美輪明宏さんの本に書いてあります。

 

興味がある人はぜひ読んでみてください。


 

 

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です