私が潜在意識で恋愛がうまくいった【④ポジティブな言葉を使う方法】

●恋愛がうまくいっていなくて潜在意識で恋愛をうまくいかせたい。

●でも、潜在意識をどうやって使ったらよいの、何をしたらよいのかわからない。

●潜在意識で本当に恋愛がうまくいくようになるの?

とお悩みの方はいませんか。

 

 

潜在意識を使えば恋愛がうまくいくようになるといわれても、一体何からはじめたらよいのかわからないですし、そもそも本当に効果があるのかもわからないですよね。

 

効果がわからないのに貴重な時間をつかって潜在意識を活用してみるのは抵抗がある人もいるかもしれません。

 

 

しかし、うまくいっていない恋愛は潜在意識を使えば好転させることができると、多くの人に伝えたいです。

 

 

 

なぜ私が自信を持っていえるかというと、20年以上も様々な方法でトライ&エラーをくりかえしてきたことで得た知識や経験から、潜在意識が人生を作っていると知り、実際に恋愛や人生がうまくいくようになってきたからです。

 

 

 

私は過去のつらい状態から潜在意識を変えることで恋愛をうまくいかせることができるようになりました。

 

 

 

しかし、いきなりうまくいったわけではなく、効果がなかったりあったりと実験を繰り返してきたのです。

 

 

 

 

その体験から、本当に自分が効果を実感できたものだけをお伝えしたいと思ってブログを書いています。

 

 

 

 

その当時に私が実際にやっていた潜在意識を使って効果が感じられ、恋愛がうまくいくようになった15つの方法です。

 

 

自分を整える(潜在意識を整える)ためにやっていたこと
④ポジティブな言葉を使うようにする今回はここについて書いていきます!
⑤どんな出来事からも幸せを感じる
⑥自分を大切にする、自分を愛する
⑦瞑想する
⑧ウォーキングなど軽い運動をする
⑨テレビを見ない
⑩掃除や断捨離をして自分の周りを整える
⑪外見や内面の自分磨きをすることに集中する
こうなりたいという願いを潜在意識にインプットするためにやっていたこと
⑫実現したいことをノートに書く
⑬断言法をする
⑭夜寝る前になりたい自分を言葉にして唱えてから眠る
⑮録音アファメーションをする
関連記事
一つ一つ、詳しくやり方や実際の体験談を紹介しています。

今回は、④ポジティブな言葉を使うようにするについて

 

●詳しいやり方
●私が実際にやってみて得た効果

 

などを書いていきます。

 

 

 

 

潜在意識で恋愛がうまくいった!【ポジティブな言葉を使う方法】

 

ポジティブな言葉を使う方法のやり方はとても簡単。

 

 

日常的に発する言葉をネガティブではなくポジティブにするだけです。

 

 

前回の「潜在意識で恋愛がうまくいった!ネガティブな感情を感じ切る方法」の記事では、感情をコントロールすることはできないからネガティブ感情は抑えるのではなく感じ切ってあげるとお伝えしました。

 

 

ネガティブな感情は勝手にやってくるものなので、コントロールするのはかなり難しいです。

 

 

 

しかし、自分が発する言葉って意識をすればコントロールすることができますよね。

 

 

 

普段、「疲れた。」「しんどい。」「面倒。」「うまくいかない。」などのようなネガティブな言葉を言っている場合、「楽しい。」「うれしい。」「幸せ。」「うまくいっている。」とポジティブな言葉に変換して言うことです。

 

 

 

 

自分が発する言葉は潜在意識に入り込んで恋愛に影響を与えるから注意!

 

なぜ、ポジティブな言葉を使うのがいいかというと、自分が発した言葉は潜在意識に入り込んで恋愛に影響を与えるからです。

 

 

 

生まれてから今まで聞いてきた言葉、目にしたものが蓄積されて潜在意識が作られていて、その潜在意識の中身によって人生が展開します。

 

 

 

自分が発した言葉は、自分の耳で聞いていますよね。

 

 

他人からの言葉など、外から入ってくる言葉を繰り返し聞くことで潜在意識にやがて浸透してしまいますが、自分の言葉も同じように耳で聞いているので、潜在意識にはいりこんでしまうんです。

 

 

 

だから、普段からネガティブな言葉ばかりをクセのように言っている場合、長年しらずしらずのうちに潜在意識にネガティブなイメージが溜まってしまっている状態です。

 

 

それを今日から、ポジティブな言葉を意識的につかうことで、ネガティブなイメージを潜在意識に入り込むのを防いで、ポジティブに書き換えることができます。

 

 

とはいえ、残念ながらポジティブな言葉をつかうようになったからといって、すぐに潜在意識が変わるわけではありません。

 

 

なぜなら、生まれてから今まで、親や先生、友達、テレビや音楽などから入ってきたネガティブワードが大量に入ってしまっているからです。

 

 

「お前はダメだ。」「あなたは何をやっても失敗する。」などのように、周囲から言われてきた人、または自分で自分自身に「私は何やってもダメだ。」「いつも恋愛はうまくいかない。」と繰り返し言ったり思ったりしていた人は、潜在意識にネガティブワードが溜まっていて、その通りの人生を作ってしまっています。

 

 

それを、数回ポジティブな言葉を繰り返しただけでは、今まで何年も繰り返してネガティブワードが溜まっている潜在意識をポジティブに変えることはできないことはなんとなくわかるのではないでしょうか。

 

 

じゃあ、ポジティブな言葉をつかっても意味がないんじゃないの?と思うかもしれません。

 

 

たしかに、ポジティブな言葉をつかうようになってからすぐに恋愛が好転するというような即効性はありません。

 

 

しかし、今日からはじめて続けることで確実に潜在意識がポジティブに変わっていきます。

 

 

ポイントは、すぐに結果を求めず焦らずに。

 

 

潜在意識を変えれば恋愛はうまくいくようになりますが、はっきり言って、潜在意識をつかうというのは魔法のようなものではありません。

 

私が紹介した方法をやれば確実に恋愛だけでなく人生は好転していますが、すぐに変わるわけではなく続けることでゆっくりとしかし、確実に変化していくということです。

 

それを知らないと、やっても全然現実が変わらない・・・といって、せっかく変わっていっているのに途中でやめてしまうんです。

 

 

 

 

ネガティブな言葉で人生をダメにしていた私の過去の話

 

何を隠そう、この私自身がネガティブな言葉をクセのようにつかっていました。

 

その前に、幼少期から母親から否定的な言葉を浴びせられていた、ということもあります。

 

私は母から褒められたことがなく、「あんたは情けない子だ。」「あんたじゃ無理。」「妹はいい子なのに、それに比べてあんたは・・・。」とネガティブな言葉を長年言われ続けていたのです。

 

そのため、私の潜在意識はネガティブでいっぱいで、その通りの人生を送っていたと思います。

 

私は幼少期から自己肯定感が低く、いじめや人にバカにされることが多かったのです。

 

潜在意識の存在に気づく前までは、恋愛もうまくいっていませんでした。

 

好きな人ができてもフラれたり、遊ばれてしまったり、雑にあつかわれるなど。

 

 

彼氏ができたとしても途中で音信不通にされてしまったのです。

 

 

周囲の人の中では、人から大切にされて、彼氏にも大事に愛されている人がいるのに、なんで私ばかりこんな目にあうのだろう、と思っていました。

 

 

今思えば、昔の私は潜在意識を知らないだけでなく、言葉が持つ力もわかっていませんでした。

 

 

言葉の威力に気づく前までの私は、「疲れた~。」「つまんない・・・。」「嫌だな。」などと当たり前のようにネガティブな言葉を発していました。

 

母親がいつもネガティブな言葉をつかっていた人だったので、自然と私もネガティブな言葉を言うことがクセになっていたのです。

 

私はあまりにも毎日吐き出す言葉がネガティブだったので、温厚でめったに怒らない友達から「そんな言葉ばかり言われるとつかれる。」とキレられたほどです。

 

ネガティブな言葉がクセになっていた私の人生は、人間関係、お金、恋愛などあらゆる面でうまくいっていませんでした。

 

 

 

言葉の力に気づいたきっかけ

 

ネガティブな言葉をクセのように日常的につかっていた私がある時、言葉の力に気づくようになります。

 

そのきっかけは、佐藤富雄さんが書いた本に出会ったことです。

 

当時私は、20代前半だったと思います。

 

●お付き合いをしていた彼氏に突然音信不通にされてしまったこと

●自分の容姿を写真で見た時に、まるでプロレスラーのような体型にショックを受けたこと

 

主にこれらがきっかけでしたが、全体的に人生がうまくいっていませんでした。

 

というのも、私は社会不安障害の症状にも悩まされていて、一人で外出をする時には人目が気になって冷や汗をかいたり、人とうまく話せなかったりしていたのです。

 

この社会不安障害の症状は私の日常生活に支障をきたしていたので、なんとかして改善したいとあらゆる本を読んでいました。

 

そこで出会ったのが佐藤富雄さんの本。

 

私はこの本を読んでかなりの衝撃を受けることになります。

 

なぜなら、恋愛や人間関係をよくするためにああしなさい、こうしなさいという現実にアプローチする方法が書いてあるマニュアル本はたくさんあるのに、言葉や思考が人生を作っているからつかう言葉を変えなさいという内容は初めてでとても新鮮だったからです。

 

親や学校など、人生において誰もそんな重要なことを教えてはくれませんでした。

 

 

 

ネガティブな言葉をやめてポジティブな言葉を使うようになったら恋愛がうまくいくようになった

 

ネガティブな言葉を使うのが癖になっていた私は、佐藤富雄さんの本を読んで、「本当かな?あやしい・・・」とは思いませんでした。

 

なぜなら、ネガティブな言葉をクセのようにつかっている私は、本当に言葉通りの人生を送っていたからです。

 

また、私の周りでネガティブな言葉をよく使っている人の人生はうまくいっていないというのを実際に見ているのです。

 

 

その例として、私の母が挙げられます。

 

母はネガティブな言葉をクセのように常に使っていました。

 

「無理だ、できない。」「最悪・・・。」「うちにはお金がない。」など・・・

 

 

そんな母は父とうまくいっていなくて家庭内別居をし、最低限しか会話をしていません。

 

 

また、母は普段から節約や貯金に励んでいて、はたから見ればお金に苦労をしていないようでしたが、数年前に父が多額の借金をしていることが発覚。

 

節約や貯金をしていたのにもかかわらず、「最悪。」「お金がない。」ということを口癖のように言っていた母は、夫婦仲や金銭面など本当にその通りの人生を引き寄せてしまったのです。

 

 

自分やほかの人の人生が、まさに言葉が人生に影響を与えるということを証明している。

 

 

 

もし、つかっている言葉と真逆の人生を歩んでいるんだったら私も、「言葉が人生を作っているなんて嘘だ。あやしい・・・」と思うのですが、本当にその通りになっているということを自分やほかの人の人生が証明しているので、疑いようのない事実だと思っています。

 

 

 

さて、私はネガティブな言葉を意識してポジティブな言葉に変えるようにしてから人生がゆっくりと好転していきました。

 

 

●社会不安障害の症状に悩まされることがかなり少なくなった

●素敵な人と出会う機会が多くなった

●告白されることが多くなりモテるようになった

●彼氏に大切にされるようになった

 

など、いい方に変わってきたのです。

 

このブログで何度も言っていますが、ほかにも潜在意識で恋愛をうまくいかせる方法をいくつか実践していたのでこの方法だけで恋愛がうまくいくようになったわけではありません。

 

しかし、言葉を変えると恋愛や人生がうまくいくようになるというのは、実際に自分が実感しているので自信を持っていうことができます。

 

また、言葉を変えたからといって数週間、数か月で恋愛の状況がガラッと変わるわけではないのです。

 

 

そんな魔法のようなツールはなく、潜在意識で恋愛をうまくいかせるためには、やはり長い目で見て何度も繰り返して行うことがポイントです。

 

すぐに結果が出ないといやになってしまうかもしれませんが、やらなければ人生を変えることは一ミリもできません。

 

 

やり続けていれば時間はかかるかもしれませんが確実に好転していきます。

 

 

言葉をポジティブにする方法は、お金は一切かかりませんし、誰でもすぐにはじめることができます。

 

 

ぜひ、潜在意識で恋愛をうまくいかせたいのなら、今この瞬間からポジティブな言葉をつかうのをクセにしていきましょう。

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です