私が高校生の時に影響を受けた1人のギャル

こんにちは、neiraです☆

 

あなたには人生で影響を受けた人はいますか?

 

私は何人かいるのですが、今回はそのうちの一人を紹介します。

 

では、今から高校生の時に影響を受けた1人の女性についてお話しますね。

 

私が高校生の時に影響を受けた1人のギャル

 

私が高校生の時に影響を受けた人、それは・・・・

 

たまたま見ていた夕方のテレビニュースで特集されていた、同じく高校生の女性でした。

 

名前をA子さんとします。

 

素人である女子高生のA子さんがなぜ、夕方のニュースで取り上げられていたというと・・・

 

彼女は派手なギャルでいながら、学校で成績がトップという外見と中身のギャップが大きい女子高生だったんです。

 

ちょうど当時はギャル全盛期。

 

安室奈美恵さんとか浜崎あゆみさんが人気で、ギャルの格好が流行っていたんです。

 

で、A子さんは、今どきのギャルそのもの。

 

髪は染めてばっちりギャルメイク。

 

スカートはかなり短くして当時はやっていたルーズソックスをはいていたんです。

 

こんな見た目なら、さぞかし派手に遊んで、勉強をおろそかにしていると思いきや・・・

 

彼女は学校が終わって自宅に帰った後は、勉強に励んでいたのです。

 

そのおかげで成績はつねにトップの方でした。

 

インタビュアーがA子さんに・・・

 

派手なギャルをやっているのに、なんで勉強をそんなにがんばるんですか?

 

と、質問しました。

 

するとA子さんは・・・

見た目で判断されたくない。

 

自分のしたい恰好をするのなら、やるべきことをちゃんとやって責任をはたしてからにしたい。

 

やることきちんとやっていれば、どんな格好をしようが誰にも文句を言わせない。

 

やるべきこともやっていないのに、自分の自由を主張するのはおかしいと思うから。

と、こんなことを言っていたんです。

 

私、この彼女の言葉を聞いて、めちゃくちゃかっこいいな、と思いました。

 

やるべきことをきちんとやっていて筋を通しているかっこいい生き方だなと。

 

だいたいギャルって、校則違反して派手な格好をして、遊びまわっているため、勉強がおろそかになって頭がよくない子が多いのではないでしょうか?

(偏見ごめんなさい・・・)

 

私も当時は、ギャルの格好をまねて、ルーズソックスをはいたりスカートをかなり短くしたりしていました。

 

髪の毛もバレない程度に染めていました。

 

校則にひっかかるかひっかからないかのギリギリの格好をしていたんです。

 

で、誰かに何か注意を受けると、イラっとしたり・・・。

 

だけど、私は校則を違反したっていいじゃん、自由な恰好をしたっていいじゃん、と自分の自由は主張するくせに、やるべきことをきちんとやっておらず何もかも中途半端でした。

 

テストでは苦手な化学や数学は赤点をとったこともあったのです・・・。

 

どこかで、がんばることがダサいという気持ちもあり、赤点をとっても努力をしようとしていませんでした。

 

そんな私が、A子さんのインタビューを聞いて、自分のことが恥ずかしくなってしまったのです。

 

自分の自由を主張するのなら、やるべきことをきちんとやってからだ・・・。

 

そこで私は、勉強に真剣に取り組むようになり、睡眠時間をけずりながらテスト勉強に打ち込んで、化学や数学で赤点をとっていた成績から挽回して、学年230人くらいいる中で期末テストの順位が18番に。

 

この時の成功体験は今でも私の人生で励みになっています。

 

一生懸命何かをがんばるって、めちゃくちゃ気持ちがいいことなんだ。

 

努力すれば自分でもできるんだ。

 

自分の自由を主張するばかりではなく、きちんと目の前のやるべきことをやって筋を通す生き方はかっこいい・・

こんなふうに思うことができて、考え方が変わりました☆

 

外見だけ着飾っても中身がともなっていなければ、魅力は半減します。

 

私もA子さんのように、外見ばかりを気にするのではなく、筋を通したかっこいい生き方がしたいと思えました。

 

今でも時々思い出す、かっこいいな、すてきだなと思えた女性の話でした☆

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です