【人生うまくいかない人必見!】自分を癒す5つの方法で人生好転

こんにちは、neiraです☆

 

前回、なぜ自分を癒すと人生好転するのかについてお話をしました。

 

自分を癒すと人生が好転していきます。

 

今回は、人生うまくいかない人必見の、自分を癒すつ5つの方法を紹介します。

 

今までブログでお話してきたことなので、もう知っていて実践している人はスルーしてくださいね。

 

すべていっぺんにやると大変ですし挫折してしまうので、自分ができることからやるのをおすすめします☆

【人生うまくいかない人必見!】自分を癒す5つの方法で人生好転

 

では紹介します。

ネガティブな感情を感じ切る

セドナメソッド

自分を責めずに許す

インナーチャイルドを癒す

過去に起きた辛い出来事のメリットを書き出す

 

 

ネガティブな感情を感じ切る

 

これはいつも言っている方法ですが、それだけ重要な方法です。

 

ネガティブな感情を感じ切るとは、普段生活をしていて、怒り、悲しみ、不安、焦り・・・などのネガティブな感情がやってきた時に、抑え込まずに感じ切ってしまうという方法。

 

たとえば、お付き合いをしている彼のことで急に不安がやってきた時には・・・

 

私は今不安になってるんだ。

と、まずは不安になっているのを認めることから行いましょう。

 

そして、不安な感情に浸るのです。

 

私がよくやっているのは、今から5分間は不安な気持ちを思い切り味わおうと、時間を決めてその間はただひたすらわざと不安になります。

 

不安な感情を味わいきると、やがて自然に心がすっきりとしていきます。

 

これがネガティブ感情のクリーニングです。

 

ネガティブな感情が出るたびにこのクリーニングをやることを習慣化すると、心がどんどん軽くなっていきます。

 

で、気がついたらあまり落ち込まなくなったり、ネガティブな感情を感じにくくなったりします。

 

セドナメソッド

 

セドナメソッドはこちらの本に書いてある方法です。



 

上記のネガティブ感情のクリーニングよりも、ちょっとだけ難しくて本格的な方法です。(難しいといっても誰でもできます)

 

①ネガティブな感情を感じたら『私はこの感情を認めますか?』→『はい』と感じている感情から目をそらさずに認めてあげる

 

②『私はこの感情を手放しますか?』→『はい』と言ってネガティブな感情を手放す(ペンを握っていた手をパッと離してペンを床に落とす感じで感情を手放す)

 

セドナメソッドについてはこちらの記事にも書いてあるのでぜひ、興味がある人は読んでみてくださいね。

 

こちらの記事では最後の方にセドナメソッドについて書いてあります。

誰でも簡単にできる!感情をコントロールできない人が人生好転させる3つの方法

 

潜在意識のクリーニングができるので、人生が好転していきます。

 

自分を責めずに許す

 

自分を責めていると、周りから責められるような出来事を多く体験したり、人生が厳しくなったりします。

 

いつも言っていますが、自分で自分をどう扱うか=他人からどう扱われるかです。

 

他人からどう扱われたいでしょうか?

 

誰もが厳しく雑に扱われるよりも、優しく大事に扱われたいですよね。

 

でも、自分に厳しかったり自分を雑に扱ったりしてしまえば、他人からもそう扱われてしまうんです。

 

なので自分を責めるのをやめて、許し、大事に扱うことで自分を癒すことができて人生が好転していきます。

 

インナーチャイルドを癒す

 

インナーチャイルドを癒すは、子供の頃に経験した出来事で傷ついた感情を、大人になった今、癒していくという方法です。

 

子供の頃に抑え込んできたネガティブな感情は、大人になってもずーっと心の奥底に溜まって存在しています。

 

その癒されなかった感情は、癒してほしくて気づいてほしくて、人生にサインを出します。

 

なぜか同じような出来事でつまづいたり、何か嫌なことがあったわけではないのに、ネガティブな感情になりやすかったりするんです。

 

人生がうまくいかないのは、実は子供の頃に癒されなかった思いが原因ということもあります。

 

なので、ぜひこちらの記事を読んでインナーチャイルドを癒してみてください。

 

【母親が嫌いな人へ】心が楽になる8つの方法【体験談あり】

 

また、この2つの動画は、実際に私がインナーチャイルドを癒すのに活用していたものです。

 

 

 

 

過去に起きた辛い出来事のメリットを書き出す

 

過去に起きた辛い出来事のメリットを書き出す方法は・・・

 

ノートを用意して、自分の人生で経験した辛い出来事を書き出してみるんです。

 

たとえば私の場合には・・・

 

●小学生の時にうまくおしゃべりができないことでいじめを受けた

●母親から冷たくされたり嫌いといわれたりした

●付き合った彼氏に音信不通にされた

 

と書き出します。

 

次に、その出来事で得たメリットを書き出すんです。

 

●小学生の時にうまくおしゃべりができないことでいじめを受けた

→いじめを受けたことで痛みがわかり人に優しくできるようになった、いじめを乗り越えた強さを手に入れられた、積極的に人に話しかけたり楽しませようとしたりするようになった

●母親から冷たくされたり嫌いといわれたりした

→そのくやしさをバネに色々と努力することができた

●付き合った彼氏に音信不通にされた

→潜在意識、男性心理、心の重要さに気づくことができた、外見を磨くことができた

 

こんな感じですね。

 

これをやるとね、過去の自分を癒せるんです。

 

過去起きた出来事はすべて自分の人生がよくなるための出来事だったと気づくことができるので、否定していた自分の人生を肯定できるんです。

 

人生はつらいことばかり・・・

 

から・・・

 

私の人生で起きた出来事は、すべてムダではなく、必要だったんだ・・・

 

こう気づくことができると、思い込みが変わるので人生もその思い込みに対して好転していきます。

 

人生つらいことばかり・・・と思っていると、未来にもつらい出来事を引き寄せてしまいますからね💧

 

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です