【効果あり】人間関係がうまくいかない人は自己肯定感を上げれば解決する

こんにちは、neiraです!

●どこのコミュニティに行っても人間関係がうまくいかない・・・

●人間関係が原因でいつも仕事をやめてしまう

●どうして自分は人間関係がうまくいかないんだろうと悩んでいる

こんな風に人間関係がうまくいかなくて悩んでいる人多くないですか?

実は私も20年以上も人間関係がうまくいかず深刻に悩んでいました。

しかし、私は20年くらい様々な改善方法をトライ&エラーし、今では人間関係が劇的に改善してストレスのない生活を送っています。

そこで、私が効果があった人間関係を改善してストレスのなく人生を送るための方法を公開します!

 

【効果あり】人間関係がうまくいかない人は自己肯定感を上げれば解決する

人間関係がうまくいかないのなら、自己肯定感を上げれば解決します。

 

じゃあ、自己肯定感を上げるためにはどうすればいいのか?

 

●自分を好きになる

●自分を大事に扱う

 

これだけです。

 

 

潜在意識の仕組みによってセルフイメージ通りに人から扱われる

なぜ、自分を好きになり自分を大事にすると人間関係が変わるのか。

 

それは潜在意識の仕組みによってセルフイメージ通りに人から扱われるからです。

 

 

この仕組みを詳しく説明していきますね。

 

私たちは潜在意識によって言動が決まってきます。

 

潜在意識っていうとあやしい・・・て思う人もいるかもしれませんよね。

 

潜在意識とは?

 

●普段わたしたちが認識していない意識

●意識全体の約90%を占めていて私たちの言動を支配している

 

 

 

潜在意識(ネガティブ)→言動(ネガティブ)→結果(ネガティブ)

潜在意識(ポジティブ)→言動(ポジティブ)→結果(ポジティブ)

こんな風になるんですね。

 

潜在意識がネガティブだとどんな言動をしても結果はネガティブになってしまう。

だから潜在意識がネガティブだと人生もうまくいかなくなるんです。

 

 

自分のことが嫌いで自分を雑に扱うと・・・

 

心の中で自分を嫌う感情や言葉が潜在意識に入る

自分のセルフイメージが低くなる

低いセルフイメージ通りの言動をとってしまう

言動から低いセルフイメージが相手に伝わる

この人は雑に扱ってもいい、嫌ってもいいと相手に思われてしまう

人間関係がうまくいかない・・・

 

自分が嫌いで自分を雑に扱っていると、潜在意識にその言動が入り込み、自分は嫌われる存在、雑に扱っていい存在だという低いセルフイメージが出来上がってしまいます。

 

潜在意識(低いセルフイメージ)→低いセルフイメージにぴったりの言動を自然としてしまう→言動から低いセルフイメージが相手に伝わり嫌われたり雑に扱われたりする

 

 

 

自己肯定感を上げるのは意外と簡単

 

自己肯定感を上げるのは意外と簡単です。

先ほど、自己肯定感を上げるためには

●自分を好きになる
●自分を大事に扱う

をすればいい、て書きました。

 

じゃあ、自分を好きになる、大事にするってどうすればいいの?

 

自分を好きになる方法

●自分の嫌いなところをノートに書き出してそれを長所に変える

例:暗い性格が嫌1人でも楽しめる、落ち着いている性格

●人間は誰でも欠点があり完璧ではないことを理解する

●欠点は自分の個性だと捉える

●「私は私を愛しています」と夜寝る前に唱えてから寝る(アファメーション)

 

自分を大事にする方法

●自分を責めない、許す、甘くする

●自分を褒める

●好きなことをして好きな物を食べる

●自分のことを大切な友人やお客様だと考えて丁寧に扱う

 

いや、こんなにできないよ!

何から取り組めばよいのかわからないよ!

という人に向けて1日のうちでこれだけやれば大丈夫、ていう方法を書いていきますね★

 

①1日朝起きてから寝るまでの間に、自分を責めていたり厳しくしていたりしないか観察する

もし、責めていたらすぐに「大丈夫だよ、失敗は誰にでもあるよ。」「うまくいかなくても嫌いにならないよ。大丈夫だよ。」などと心の中で声をかけてあげる

 

②1日朝起きてから寝るまでの間に、がんばったなーと思えることがあれば、自分で自分に「よくがんばったね!すごいね。」と褒めてあげる

 

③1週間に一度でもいいから自分にごほうびを与える

例:好きなケーキを食べる、お買い物をする

 

④1日の終わりにノートに自分への感謝を一言でもいいから書いて寝る

例:「今日は仕事を1日頑張ってくれてありがとう。」

 

⑤寝る前に「私は私を愛しています」と一言だけ唱えて眠る

 

⑥時間がある時にはノートに自分の短所を書き出して長所に書き換えてみる

例:のろまな性格慎重に行動できる

 

自己肯定感を高めたら人間関係が改善された

 

いや、でもそんなことをしただけで本当に人間関係ってよくなるの?と不安に感じるかもしれません。

 

でも、私自身が人間関係で悩んでいて実際に効果を感じました。

 

 

私は冒頭でもお話ししましたが、20年以上も人間関係に悩み苦しんでいました。

●学校や職場で孤立してしまうことが多い

●人と深くかかわることがこわい

●誰かと仲良くしようとしても関係がうまくいかない

●人間関係のせいで仕事が長く続かない

 

なんで自分は人間関係がうまくいかないんだろう・・・と悩んでいた私は、こんな努力をしてみました。

●明るく元気な性格になろうとした

●人と積極的に話をするようにした

●人間関係の訓練をするためにわざと人と関わる仕事を選んだ

 

 

 

でも、結果は・・・

 

人間関係がうまくいくことはなく、余計に悪化していくばかり。

 

そこで、自己肯定感を上げるために、自分を好きになり自分を大事にする方法をやってみました。

すると

●周りの人がやさしくなる

●音信不通だった友達から連絡が来て関係がよくなって定期的にごはんに行くようになった

●人と話したり接したりするのが楽しくなった

 

こんな感じに人間関係がスムーズになったんです。

 

 

まとめ

人間関係がうまくいかないのは自分を嫌っていたり雑に扱っていたりするから。

 

人間関係がうまくいっていない人は

●自分を好きになる

●自分を大事にする

をして自己肯定感を上げることを今日からすぐにやってみることをおすすめします。

 

 

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です