【孤独を感じている人へ】心が楽になれる4つの方法

こんにちは、neiraです☆

今、孤独を感じて辛い人はいませんか?

neira
neira
かつて、私は孤独を感じることが多かったですが、今でも時々孤独感を味わうことがありますよ。

今回は、私の体験をふまえて孤独を感じている人へ向けて心が楽になれる方法を紹介します。

<スポンサーリンク>

【孤独を感じている人へ】心が楽になれる4つの方法

ではさっそく紹介していきます☆

孤独感というネガティブな感情を抑え込まず感じ切る

孤独は悪いことではないと知る

孤独を感じている時間を有効なことに使う

孤独を感じている時間を自分が自分で満たしてあげる

 

では、1つずつ解説していきますね☆
neira
neira

 

孤独感というネガティブな感情を抑え込まず感じ切る

このブログではもう何度も紹介していますが・・・

 

孤独感というネガティブな感情がやってきても、抑え込んだり我慢したりする必要はありません。

 

もちろん、罪悪感を感じなくてもよいのです。

 

なぜなら、孤独感とか、さみしさとか、ネガティブな感情って自分の意思とは関係なく勝手にやってくるもので、コントロールできないからです。

 

そして、コントロールしようとして抑え込んだり我慢したりすると・・・心に溜まってしまってやがてネガティブな感情があふれてしまうんです。

ネガティブな感情になりやすかったり、ネガティブな出来事を引き寄せてしまったりするわけですね。
neira
neira

 

孤独感はやってきたら、我慢せずに感情が薄れるまで感じ切ってあげることです☆

 

そうすれば、孤独感というネガティブな感情を心にためることなく、自然とポジティブな気持ちになれるのです。

孤独は悪いことではないと知る

孤独は一般的にはよくないイメージがありますよね?

neira
neira
世間のイメージにとらわれてしまうと、余計に心が苦しくなってしまいます。

 

孤独は確かにさみしかったり、つらかったりとネガティブな感情を伴いますし、できれば孤独じゃない方がいいですよね。

 

でも、これもブログで何度も紹介していますが、1つの出来事には必ずプラスの面とマイナスの面が同じ量だけふくまれていんです。


正負の法則ですね。

信じられないかもしれないですが・・・

 

孤独は一見するとマイナスですがプラス面もあるということです。

 

では、孤独のプラス面を考えてみましょう☆

●自分の時間がたくさんもてる

 

●わずらわしい人間関係に悩まされない

 

●自由

 

●気楽

これはあくまでも私が考える孤独のプラス面です。
neira
neira

 

人それぞれ価値観が違うので、何をプラスと考えるのか感じ方も違ってくるでしょう。

 

私は今まで孤独を感じることが多くありました。

 

たとえば、小学生の時のいじめを受けた時。

 

休み時間には教室にいたくなくて、トイレへ逃げていました・・・

 

また、帰り道は友達と帰らずに一人ぼっちで帰ることも多かったのです。

 

その時に人生初のとてつもなく大きな孤独感を味わいました。

 

友達同士でいる人たちを見て、自分だけが一人でいると、同じ空間にいるはずなのにどこか私だけ異世界にいるような感じです。

 

みじめ、悲しい、さみしい・・・

 

しかし、こんなにつらい孤独ですが、プラス面もあったんですよね。

 

それはとにかく自由なこと☆

 

自分一人だから、なにをしてもいいし、誰かに気を使う必要がない、わずらわしい人間関係がない、一人でいればいじめにあうこともない。

 

私は大きな孤独感を味わいながらも、一人で帰る時にはホッとした安心の気持ちや、ワクワクした気持ちも感じていたんです。

 

それは、一人の帰り道で、咲いているきれいなお花を見つけたり、とんぼやカエルなどの生き物を見つけたり・・・近所の家で飼われている柴犬に話しかけたり・・・

 

自由に自分の時間を誰に気を使うことなく楽しむことができたからです。

 

そして、私はそれからも孤独を感じることが何度もありました。

 

その経験から大人になって思うことは、孤独は悪いことだけでないし、むしろ孤独のほうが自分の時間を自由に使えて、自分の人生のために必要だということ。

 

実は孤独な人のほうが人生好転する確率が高くなるんです。

 

それは、自分一人の時間を過ごすことで自分と向き合うことができますし、自分の考えや意思を持つことができて、人生について深く考える時間が増えるから。

 

一方で、いつも人と一緒にいないとダメという人は・・・

 

人に流されて、自分で深く考える時間を持つことができないんです。

 

これは実際に自分が孤独を味わったからいえることですし、周りの人を見てもそう思います。

 

孤独なほうが成功する可能性が高くなりますし、成功者といわれている人ほど孤独な時間を大切にしている人が本当に多いんです。

孤独を感じている時間を有効なことに使う

孤独はプラス面を見れば、自分の自由につかえる時間が増えるということ。

 

しかし、その時間を無駄に過ごしてしまったらもったいないです。

 

孤独感を感じて、さみしい、悲しい、つらい・・・と思って1時間を過ごすか、自分の将来のために役立つことに1時間を使うかで人生が変わってきます。

 

私は孤独感におそわれた時、ついつい落ち込んでしまって何も手がつかずに過ごしてしまいそうになりますが、なんでもいいから手を動かそうと思って自分のやるべきことに時間を使うようにしています☆

 

そうやって孤独感にふりまわされずに自分のやるべきことに集中していると、いつのまにか孤独感を忘れてしまいますし、やったことが積み重なって今、撒いた種を将来、なにかしらのプラスの形で受け取ることができるんです。

孤独を感じている時間を自分が自分で満たしてあげる

孤独を感じている時間はつらくてさみしいかもしれませんが、誰かに孤独を癒してもらうのではなく、自分で自分を満たしてあげることがおすすめです。

 

これはけっこう人生において重要なことで・・・

 

なにかが足りないと不足感を感じた時に、周りの人や物で自分を満たそうとしてしまう人が多いんですね。

 

自分は不幸せだと思っている時、○○がないから自分は不幸せなんだ、○○があれば幸せなのに・・・○○がいれば幸せなのに・・・とかほかに幸せを求めるていう・・・

 

そう考えていると、たとえ、欲しいものが手に入ったとしても幸せを感じるのは一瞬のことで、またすぐに不幸せを感じて新たな幸せを探してしまうんです。

 

まさに、幸せの青い鳥を追いかけている状態。

 

幸せは自分の心が決めることができるんです。

 

足りないものを見つけて不幸せを感じるのではなく、今あるものに感謝してそこから幸せを見つけるという考えが、真に幸せになれる方法なんです。

話はちょっとそれてしまいましたが。

 

孤独を感じていると、「さみしいな、つまんないな。誰か遊んでくれないかな。」といって誰でもいいからとりあえず誘ってみて、孤独な時間を埋めて孤独感を紛らわせようとする人がいます。

 

そんなことをしていても、心が満たされるのは一瞬だけですし、周りの人や環境に自分の幸せを左右されてしまうのですぐにまた孤独感を感じてしまうんです。

 

そうではなくて、自分の心は自分で満たしてあげるんです。

 

孤独感を感じてつらい時には、

●自分のやりたいことに打ち込んでみる

 

●心が明るくなれるような動画を観る

 

●好きな音楽を流しながら読書をする

など。

どうすれば自分の心が満たされるのかを考えて、自分で自分を満たしてあげる。

 

これは孤独感を感じた時だけでなく、人生においてなにか外に自分の幸せを求めていた時には、いつでも自分が自分を満たしてあげることを意識してみてください☆

 

それを続けていると人生は好転していくんです。

 

自分の不足感を外に求めるのは、「自分は不足感を感じている、満たされていない」という思いが潜在意識に入ってしまうことになるので、さらに不足感や満たされないと感じる現実を体験するようになるからです。

 

自分で自分を満たしてあげれば、いつでもどんな時でも幸せや満たされた気持ちを感じることができるので、「私は満足している、いつも満たされている」という思いが潜在意識に入って、幸せや満たされた現実を体験するようになります☆

 

だからこそ!

孤独感を感じた時には、誰かに満たしてもらおうとせずに自分で自分を満たしてあげるようにしましょう。

<スポンサーリンク>

まとめ

孤独を感じてつらいという時には・・・

孤独感というネガティブな感情を抑え込まず感じ切る

孤独は悪いことではないと知る

孤独を感じている時間を有効なことに使う

孤独を感じている時間を自分が自分で満たしてあげる

 

この4つの方法をすると心が楽になれます☆

 

孤独を感じていると、まるで自分だけが一人ぼっちのような気がしますが大丈夫ですよ。

 

私は過去に学校や職場などで孤独をたくさん味わってきましたし、今でもたまに孤独を感じることがあります。

 

あなただけでないので大丈夫ですよ☆

 

誰かに孤独を癒してもらうのではなく、まずは自分で自分を満たしてあげてくださいね。

 

クリックしていただけると更新の励みになりうれしいです☆

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です