コメント質問に対してのお返事㉚~現実は無視して気分がよくなることに目を向ける~

こんにちは、neiraです★

 

今回も、まりさんからのコメントお返事をしていきます。

 

コメント質問に対してのお返事㉚~現実は無視して気分がよくなることに目を向ける~

 

 

こちらがいただいたコメントです。

また追記です。
すみません。疑問がわきます。
『たとえば・・・
今日、保育参観やだなー。しんどいなー。あの人挨拶しなくて腹立つ~。
と、思わず言ってしまったら・・・
でも、きっと今日はいい日になる★
今日は楽しく幸せな1日になる★
て、ポジティブな言葉を使うんです★
これって・・・
え?こんな嫌な気分なのに、そんな子供だましな言葉言うの?
こんなこと言って何か変わるの?
と思うかもしれません。
neira
でも、これが大事なんですよ!!
先に、自分がなりたい状況のポジティブな言葉を声に出して言ってしまうんです。
たとえ、見えている現実がどんなに嫌なものであっても。』
もし、先取りで言っても、実際は、嫌なことがあったり、されたりしたら、その時はどう思ったらいいのかな?と思いました。

 

『もし、先取りで言っても、実際は、嫌なことがあったり、されたりしたら、その時はどう思ったらいいのかな?と思いました。』という疑問に対して答えていきますね★

 

これは、前回もお話ししたように・・・

 

neira

現実化の仕組みを知ると気持ちが少し楽になると思います。

 

 

今見ている、体験している現実は、過去に自分が思考したり感じたりした結果が現象化されている。

 

 

ということは、今見ている現実は、現象化された結果であってただの幻でもあるんです。

 

 

そして、今の思考や感情が少し先の未来を現実化していきます。

 

 

現実に反応して、ネガティブな感情を出すと、それがまた未来に現実化してしまうということです。

 

 

だから、現実は無視をすることが一番いい方法です。

 

 

だって現実は過去に自分が思考した結果が現れているだけだから。

 

 

無視とは・・・

 

あぁ、これって私が過去に出したネガティブなエネルギーが現象化してるだけなんだね。

 

私はこの現実に反応をして、また再びネガティブな現実を作り出さないぞ。

 

早くこの現実、終わらないかな~。

 

こんな感じです。

 

見えている現実に一喜一憂せずに、淡々とやり過ごす。

 

そして、望む未来を現象化するために、今この瞬間できるだけ気分が良くなることに目を向けることです。

 

 

neira

で、前回も言いましたが、実際にはそんな簡単ではないですよね。

 

嫌なことを体験している最中にどんなにポジティブになろうとしても、なかなか難しいです。

 

そんな時は、素直にそのままネガティブな感情を感じていいです★

 

逆に、ネガティブ感情のクリーニングの機会を与えてもらった、と思って感じきる。

 

で、言葉に出してとか、心の中でとか、ネガティブな言葉を言ってしまうかもしれませんが・・・

 

そこはなるべくネガティブな言葉を使わない方がいいです。

 

前にも言ったように、言霊の力は強力なので、ネガティブな言葉はネガティブな未来を作ってしまいます。

 

もし、ネガティブな言葉を思ったり言ってしまったりした時には・・・

 

ポジティブな言葉を最後に付け加えるのがおすすめです。

 

たとえば・・・

 

なにあの人・・・むかつく。

 

でも私は幸せ~。

でも私は楽しい~。

とか。

そうやって、ネガティブな言葉を最終的にポジティブな言葉で打ち消すと、ポジティブなエネルギに変換できます★

 

 

もう一度、重要なので繰り返すと・・・

 

人生が好転する日々の過ごし方は・・・

 

見えている現実は過去に自分が出したエネルギーの結果なので、一喜一憂せずに、淡々とやり過ごす。

そして、望む未来を現象化するために、今この瞬間できるだけ気分が良くなることに目を向けることです。

 

はじめはうまくできないと思いますが、何度も繰り返しやってこれを定着させることで人生が好転していきます。

 

今回は以上になります。

 

<スポンサーリンク>

1 COMMENT

まり

neiraさん、いつもありがとうございますm(_ _)m

先に言って、嫌なことがあってもその時は、『つらいよね。しんどいよね。あともう少しで終わるから、がんばろうね。』
など、自分に話しかけるようにします。

それでも、ネガティブを感じたら、素直にそのまま感じて、帰ってから、感じたつらい気持ちは、抑えこまず、無理せずに感じきるようにします。
そして、ご褒美を与えます。
今思いつくのは、好きなお菓子を食べる、大好きなSMAPの歌を聴くです。

『私が体験している現実は、まりさんが過去に感じてきた感情が現実化しているだけなんです。

今、この瞬間が未来を作っています。

なので、今この瞬間に何を感じるかが次の未来を決定します。

で、今はつらいと思いますが、このつらい現実はまりさんが過去に感じてきた感情が現実となって現れているだけ。

今見ている現実は過去、想像したことが現実化してるだけなので幻なんです。

だったら、今この瞬間は、見えている現実にまどわされずに、できるだけ自分の気分を心地よくすることに集中するんです★

すると、今この瞬間に感じた心地いい思いが、未来を作っていきます。』
おっしゃる通り。
キャメレオン竹田さんも言ってますね。

『掃除も自分を責めすぎず、

大丈夫だよ、今日は休もうね。

と自分に優しくしてあげて自分を甘やかしてあげることも大事。

でも、やりたくない、という気分に従ってばかりだと、変化することはできません

なので、十分休んだら、そのあとはやはり重い腰を上げて行動するしかないのです^^

たとえば、自分の好きな音楽をかけながら掃除したり、掃除の後にすっきりときれいになった部屋で好きな紅茶を飲んだりとか、なるべく気分を上げる工夫をしてやることがおすすめです。


そうですね、やりたくないと言っては、何も変わりません。
こちらもご褒美用意します。

『今見ている、体験している現実は、過去に自分が思考したり感じたりした結果が現象化されている。

ということは、今見ている現実は、現象化された結果であってただの幻でもあるんです。

そして、今の思考や感情が少し先の未来を現実化していきます。

現実に反応して、ネガティブな感情を出すと、それがまた未来に現実化してしまうということです。

だから、現実は無視をすることが一番いい方法です。

だって現実は過去に自分が思考した結果が現れているだけだから。

無視とは・・・

あぁ、これって私が過去に出したネガティブなエネルギーが現象化してるだけなんだね。

私はこの現実に反応をして、また再びネガティブな現実を作り出さないぞ。

早くこの現実、終わらないかな~。

こんな感じです。

見えている現実に一喜一憂せずに、淡々とやり過ごす。

そして、望む未来を現象化するために、今この瞬間できるだけ気分が良くなることに目を向けることです。

嫌なことを体験している最中にどんなにポジティブになろうとしても、なかなか難しいです。

そんな時は、素直にそのままネガティブな感情を感じていいです★

逆に、ネガティブ感情のクリーニングの機会を与えてもらった、と思って感じきる。

で、言葉に出してとか、心の中でとか、ネガティブな言葉を言ってしまうかもしれませんが・・・
そこはなるべくネガティブな言葉を使わない方がいいです。

前にも言ったように、言霊の力は強力なので、ネガティブな言葉はネガティブな未来を作ってしまいます。

もし、ネガティブな言葉を思ったり言ってしまったりした時には・・・

ポジティブな言葉を最後に付け加えるのがおすすめです。

たとえば・・・
なにあの人・・・むかつく。

でも私は幸せ~。

でも私は楽しい~。

とか。

そうやって、ネガティブな言葉を最終的にポジティブな言葉で打ち消すと、ポジティブなエネルギに変換できます★

もう一度、重要なので繰り返すと・・・

人生が好転する日々の過ごし方は・・・

見えている現実は過去に自分が出したエネルギーの結果なので、一喜一憂せずに、淡々とやり過ごす。

そして、望む未来を現象化するために、今この瞬間できるだけ気分が良くなることに目を向けることです。

はじめはうまくできないと思いますが、何度も繰り返しやってこれを定着させることで人生が好転していきます。』

一番最初に書いたのと合わせて、今起こってることは自分のして来た結果。これは、7年前から知っていましたが、今、はっきり納得出来ます。
言葉も気をつけますね。

嫌なことがあったら、前にして来たことの結果と思い、早く終わらないかなーと思いつつ、ご褒美を用意します。
嫌だなー、だけどこれ終わったら、ご褒美が待っていると。

今、ここでそう決めても、うまくいかないこともあるでしょう。でも繰り返し頑張ります。諦めてしまっては、前に進まないままです。

数日前に、
ある方のブログで、

『「別に嫌われてもいいや!」

とした方が、逆に人に好かれたりします。』
とあり、
また別の人のブログに、

『好かれようとすると好かれない』とあり、
内容は、

友達はつくりたいけれど出来ず、でも、あるとき「もういいや」と思ったと。

友達とうまく関わらなくていい。ひとりになってもいい。

そう思ったらすごく楽になった。ひとりでいてもいいし、一緒に過ごしたければ過ごせばいい。無理に誰かと一緒にいる必要もないし、堂々としていればいい。

人はひとりになるのを恐れる。嫌われるのを恐れる。

けれど「ひとりになる覚悟」さえしてしまえば、きっとほとんどの人間関係に関する悩みは解消される。

しばらくして、おもしろいことが起きた。

ひとりになる覚悟をして、無理に人と一緒にいようとせず、話したいときは話し、そうでないときは黙り、行きたくない授業にはいかずに過ごすようになったら、逆にたくさんの人に遊びに誘われるようになった。

ひとりになる覚悟をすると、人に恵まれる。

すべて逆なのだ。だから人生はほんとうにおもしろいなあと思う。

好かれようとするから好かれない。

好かれなくていいと思うと好かれる。

すべて逆にできている。

ひとりなる覚悟をしよう。そうすればきっと楽に生きられる。』と。

前も、痩せなくていいやとか、心屋仁之助さんが、損してもいい、~じゃなくていいと言ってました。

『嫌われてもいいや』『もういいや』『ひとりになってもいいや』『痩せなくていい』
『損してもいい』

え?と思っていたら、

neiraさんが前のブログで、
『「願いが叶わなくても、手に入らなくても別にいっか、今幸せだし。」という心の状態になっていくんです。』と。

『願いに執着する、追いかけるという行為は、「まだ願いが叶っていない」という状態を潜在意識にインプットさせてしまうからです。』

納得しました。

いつも気づきをくれて感謝です。

いろいろ踏まえた上で、頑張ります。

一番は、『自分にとって心地よいことをすること』
ですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です