効果あり!自信をつけるたった2つの方法とは?【体験談あり】

●自信がない・・・

●自信をつけたい!

●自信をつけて人生を楽しくいきたい!

こんな風に悩んでいる人はいませんか?

自信がないと人生うまくいかないことが多くなってしまいますが、でも、自信ってどうやってつけていいのかわからないですよね。

そこで今回は、実際に私がやっていて自信をつけることができた2つの方法を公開します。

<スポンサーリンク>

 

 

効果あり!自信をつけるたった2つの方法【体験談あり】

 

●自信をつけたいなら自分を信じることだと知る

自信がない、という場合には自分を信じていない状態です。

 

「自信」て字のごとく、「自分を信じる」ということ。

 

だから、自信をつけたいのなら、自分を信じられる状態にすることです。

 

自信がある=自分を信じている状態

 

 

私、えらそうに言っていますが、実はこの言葉は、叶姉妹の叶恭子さん(お姉さんの方)が言っていたんです✰

 

あとで体験談を紹介しますが、私は昔、自信がなくて悩んでいました。

 

人からも、自信がなさそう、とか頼りなさそうって言われていたくらいです・・・

 

そんな私が人生うまくいっていない、自信をつけたい、でもどうすればよいのかわからない~て悩んでいた時に、たまたま叶恭子さんの言葉に出会ったんです。

 

どんな形で出会ったのかは正直覚えていないんです。

 

雑誌だったか、ネットだったか・・・

 

でも、叶恭子さんの言葉を見た時に、すごく心が動かされて、「私が求めていた言葉はこれだ!」て思ったんです。

 

それから私は、叶恭子さんのほかの名言?をほかにも読んで、すっかりファンになってしまいました。

 

叶恭子さんてすごく本質をついたステキな考え方を持っていて、その言葉でスーって心が楽になれるんですよ。

 

でも、どうやって自分を信じたらいいの?ということについて次に説明していきますね★

 

 

自分を信じるために努力をする

 

自信がないのは自分を信じることができていないから。

 

自信がある=自分を信じている状態

 

じゃあ、どうやって自分を信じることができるのか?

 

それは、自分を信じるために努力をしてあげるんです。

 

 

太っている自分が嫌で自分に自信がない

     ↓

太っている自分=ありのままの自分に価値があることを信じていない状態

     ↓

でも太っている自分を許せない、価値を信じられない・・・

     ↓

自分の不満を解消するために実際に努力をして痩せる

自分で自分の願いを叶えてあげるんです。

 

たとえば、彼氏に、「○○へ連れて行ってほしい~」とお願いをしたとします。

彼が「わかった!連れて行ってあげるよ。」と言ってくれたのに、なかなか行動してくれなかったら?

 

彼のことを信用できなくなりますよね。

 

約束が果たされない・・・こんなことが何回も繰り返されていくとどんどん相手のことを信じられなくなってくるんです。

 

これと同じで、自分が本当は望んでいるのに、「でも努力するのが面倒だから・・・」とか言い訳つけて望みを叶えてあげるために行動しなかったら・・・

 

どんどん自分のことを信じられなくなって自信が持てなくなってしまいます。

 

自分が望んだことを、自分の手で叶えてあげる。

 

 

こうすることで、自分をどんどん信じられるようになり、結果、自信がいつのまにかつくようになります。

 

 

自信がなかった過去の私は人生がうまくいっていなかった

自信がなかった過去の私は、人生がうまくいっていなくて色々と悩んでいました。

 

外見、内面にたくさんのコンプレックスを持っていて、他の人と比べては落ち込んでいたのです。

 

●顔が気に入らない

●髪の毛の質が嫌

●気が弱いのが嫌

●自分の意見をはっきりと言えないのが嫌

などなど・・・

まだまだたくさんあるのですが、本当に自分に自信がなくて、その自信のない自分のことを好きになれませんでした。

 

自信がないから、顔の表情も性格も暗くなり、以前は友達に囲まれていた時期もあったのですが、だんだんと人が離れていく、ということも経験したのです。

 

自信がある人って、表情や雰囲気に現れるんですよね。

 

イキイキとしていて周りの人を惹きつける魅力がある。

 

そんな人と自分を比べては落ち込み、なんで自分はこんななんだろうと思いました。

 

でも、自信ってどうやってつければよいのかまったくわからなかったんです。

 

 

2つの方法で自信をつけることができて変わることができた

そんな私は前述で紹介した2つの方法のおかげで、自分に自信をつけることができました。

 

とはいえ、すぐに自信をつけることができたわけではなく、努力をすることでだんだんと少しずつ自信をつけてきた感じです。

 

私がやったこと

●ダイエットをして自分の理想の体型になった

●顔のマッサージやフェイスニング(顔の筋トレ)をして、周りの人から整形をした?と言われるくらい顔が変わった

●自分の望む人生を叶えている人の本をたくさん読んで、成功者の考え方を取り入れた

●わざと接客業を選んで人と接することが苦手だった自分を変えた

●休みの日にも仕事の勉強をして美容の仕事で店長として働くことができた

●大学卒業後に自分がやりたかったネイルの学校に通い、バイトを3個かけもちしながら学費を払いネイル検定1級を取得した

 

今、ザっと思いつくのはこんな感じです。

 

自分が本当はこうしたいのに・・・ここを改善したいのに・・・て思っている望みを自分で努力することで叶えてあげたんです。

 

自分で言うのもなんですが、ほんとよくがんばったと褒めてあげたいくらいです笑

 

【仕事編】

私は内向的で、人と接することが苦手だったので、接客業なんて自分はできないと思っていました。

 

でも、かなりの勇気をふりしぼってコンビニ、飲食店など接客のアルバイトをすることにしたんです。

 

とはいうものの・・・はじめは、ほんと大変でした・・・

 

お客様や社員からたくさん、たくさん怒られました。

 

時にはお客様にどなられたりいじわるなことをされたりして、もうやめてしまいたいと何度も思ったんです。

 

しかも、仕事ができないからと接客から他の作業の仕事にまわされたり、時にはクビになったりも経験しました・・・

 

そんな私がですよ・・・

 

それでも接客を続けて、活躍されている著名人の本をたくさん読んで考え方を学び、仕事の勉強をし続けていたことで・・・

 

●憧れだった自分の好きなブランドのショップ店員として働くことができた

●美容系の仕事で、オーナーに指名されて店長として働くことができた

んです。

 

他の人からすればたいしたことないじゃん、て思われるかもしれませんが、私の場合、ほんと重傷だったんで、これだけでも大きな成果なんですね。

 

私は、

●いじめの経験があり女性と接することに苦手意識があった

●対人恐怖や社会不安障害の症状に悩まされていた

●人見知り、内向的で接客業に抵抗があった

 

こんな感じだったんで、ファッションや美容に興味を持っていても、アパレルの販売員とか美容の仕事とか、女性だらけの職場で美意識が高いお客様に接する自分がまったく想像できなかったわけです。

 

昔のモジモジと内向的だった私からは想像がつかないほど、接客の仕事を普通にこなせるようになっていただけでなく・・・

 

仕事で認められることが多くなって、「仕事ができるから信用している。」「あなたなら大丈夫よ。」「根性があるね。」などと褒められるようになったんです。

 

 

 

【恋愛編】

 

はじめてお付き合いしたのは高校生の時に4つ年上の社会人の男性でした。

 

それまでも好きな人はいましたが、自分に自信がまったくなくて男性と話すことさえままならなかったんです。

 

特に自分の容姿には自信がなくて、中学生の時にはいきなり顔中にニキビができはじめて「気持ち悪いって思われていないかな・・・」なんてすごく悲観的でした。

 

高校生の時にアルバイト先で出会い、好きになって告白をしたら思いがけずOKをもらって飛びあがるほどうれしかった私。

 

しかし、実はその男性はかなりの遊び人で・・・

 

私が告白した時にはすでに本命の彼女がいて、私は遊び相手だったというわけです。

 

その当時は自分にほんと、自信がなくて。

 

相手の男性が自分よりも魅力的に感じて、顔を見てしゃべるのもままならなかったんですね。

 

デートをしていてもまともに会話すらできない私に、相手の男性もイライラしている様子でした・・・

 

「会いたい」といっても「忙しい」と言われて断られることが多くなり、耐えきれなくなって自分からお別れをしました。

 

そのあともその男性とはズルズルとあいまいな関係を続けることに・・・

 

雑に扱われて、ドタキャンされても私は文句ひとつ言うことなく男性に従うだけ。

 

もう典型的なダメな恋愛パターンでした。

 

また、そのあとに好きな人ができた時も、なぜか真剣に向き合ってもらえなくて遊びの対象にされました・・・

 

やたらと家に来たがって体の関係をすぐに持とうとして、ある程度すると連絡がぱたりと途絶えたり・・・涙

 

本命としてお付き合いをするまでにも至らず雑に扱われてしまう日々・・・

 

 

 

その当時、なんで私には彼氏ができないんだろうと真剣に悩んでいました。

 

また、やっとお付き合いができて、その人とは元々友達関係だったのでけっこう長く付き合ったんですが、途中で音信不通にされてしまったんですね。

 

そしてね、同時期に高校生の時にお付き合いしていた遊ばれていた男性からも連絡が度々来ていて、都合のいい女として扱われることに腹が立っていたわけです。

 

音信不通にされたショックや怒り、高校生の時に遊ばれた男性への怒りもあり、私は今まで自分を雑に扱ってきた男性たちを見返してやろうと決意するわけです。

 

ここからが私の快進撃。

 

外見、内面の自分磨きをして、遊ばれた男性や、音信不通にした彼氏を絶対に見返してやると。

 

私は美容や自己啓発などの本を読み漁り・・・

 

●バス通勤をウォーキングに変え、家に帰ったらさらにカーヴィーダンスで運動。

 

●顔のマッサージやフェイスニングも毎日のように行う。

 

●本をたくさん読んで男性心理を勉強したり、成功者の人の考えや潜在意識を学んだりと内面の自分磨きも行う。

 

 

 

この努力をし続けた結果・・・私は外見がすごく変わり、友達から「整形した?」「どんどんかわいくなっていくね!」などと言われ、「かわいい、きれい」と今までにない言葉もかけられるようになったんです。

 

で、自分でも外見が自分の理想に近づいて、あんなに自信がなくて下ばかり向いていたのに、自信を持って堂々としていられるようになったんです。

 

そして、自分に自信が持てるようになったら・・・

●私のことを遊びの女として扱っていた男から告白されてフってやった

●音信不通だった彼氏から連絡が来るようになって会ったら結婚の話をするようになったけど、気持ちが冷めてこっちからフってやった

●魅力的な男性から声をかけられることが多くなった

●遊ばれることが多かったのに、好きな人と両想いになることが多くなった

●告白されることが多くなった

 

こんな感じで状況が好転したんですね。

 

努力をするのってやっぱり大変ですし、はじめの一歩を踏み出すのに勇気がいることもあるんですよ。

 

でも、私は勇気を出して接客の仕事やネイルのスクールに飛び込んだことで、自分にもできるんだという自信を持つことができたんです。

 

また、自分のコンプレックスを努力で改善したことでも大きな自信を持つことができました。

 

結果で自信を得られたというのもありますが、自分のために努力を続けてきて途中であきらめなかった自分をはじめて信じることができて、自分を信じられた=自信がついた、というわけです。

 

今、自分に自信がないという人も大丈夫です。

 

自信はいくらでも自分でつけることができるんです。

 

私は自分の経験からそう思っています。

 

ただし、自分を信じられるように途中であきらめたり努力を放棄したりと、自分を裏切ってはいけません。

 

自分を信じるために努力で自分のためにコンプレックスを改善してあげる。

 

そのためには、かなり大きな勇気が必要な時もあります。

 

でも、自信がない、行動したり一歩踏み出すには怖いから、といって何も行動、努力しなかったらずっと自信のない今のままが続くだけです。

 

私は、自信をつけるために潜在意識の活用もしてきましたが、やはり、ただ待っているだけで変化するというような魔法のツールではありません。

 

実際に行動を起こすことが自信をつけること、人生を好転するためには必要だと経験から実感しています。

 

<スポンサーリンク>

 

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です