【ひきこもりで悩んでいる親子へ】人生好転する方法

こんにちは、neiraです☆

ひきこもりで悩んでいる人はいませんか?

ひきこもりの子供を持つ親はもちろんのこと、ひきこもりをしている本人も悩んでいると思います。

私はひきこもりの経験はないのですが、いじめや親との確執があり、社会不安障害や対人恐怖などの症状に悩んでいて外に出るのが怖かったですから、ひきこもり予備軍だったと思います。

当時は「ひきこもり」という言葉があったかどうかもさだかではなく、学校や外出がつらくてもひきこもりをするという選択が私には思いつきませんでした。

neira
neira
しかし、あと一歩のところで私もひきこもりをしていたかもしれません。

私はつらい状況を経験して、人生どうにかしたいと様々な方法を行ってきて、人生がだんだんと好転してきました。

今回は、そんな私の経験を生かして、ひきこもりで悩んでいる親子へ向けて、人生好転する方法を紹介していきます。

 

<スポンサーリンク>

【ひきこもりで悩んでいる親子へ】人生好転する方法

 

ひきこもりってそもそもどういう状態のことをいうのでしょうか?

 

ひきこもりとは?

引きこもり(引き籠もり、ひきこもり、英語表記 hikikomori)とは、仕事や学校に行けず家に籠り、家族以外とほとんど交流がない人の状況を指す。 現時点では、日本の厚生労働省はこうした状態が6か月以上続いた場合を定義としている。

参照:Wikipedia

 

では、次に、人生好転する方法を親子別に紹介しますね。

 

ひきこもりで悩んでいる親が人生好転する方法

ひきこもりの子供を責めずに許して認めてあげる

ひきこもりの子供をどうにかしようとしない

家中をきれいにする

自分の人生を楽しむことに集中する

自分を責めずに大切にする

 

では1つずつ簡単に解説していきますね。

ひきこもりの子供を責めずに許して認めてあげる

ひきこもりの子供を責めてしまったり口うるさくなってしまったりするかと思いますが、逆効果になってしまいます・・・

 

まずはひきこもりの子供を責めずに許して認めてあげることです。

 

以前も紹介しましたが、イソップ物語の「太陽と北風」という話があります。

neira
neira
親子関係などあらゆる人間関係に役立つ教訓が書かれているんです。

 

太陽と北風のあらすじ

北風と太陽がいて、旅人のコートをどちらが早く脱がせるか勝負しようと言い始めました。

●北風は冷たい強風を吹かせてコートを脱がせようとする
●太陽は暖かい日差しを浴びさせてコートを脱がせようとする

さて、勝負に勝ったのはどちらでしょうか。

それは、暖かい日差しを浴びさせた太陽の方でした。

旅人は、北風が吹いてきたらコートが吹き飛ばされないようにと脱ぐどころかさらにコートを手できつく抑えて脱げないようにします。

一方、太陽の日差しが降り注いだ時には、旅人はポカポカ陽気に暑くなり、やがて自分からコートを脱ぎ始めたのです。

 

太陽と北風の話の教訓は・・・

●手っ取り早く乱暴に片づけてしまうよりも、ゆっくりと着実に行う方が最終的に大きな効果を得ることになる

●冷たく厳しい態度で人を動かそうとしてもかえって人は頑なになるが、暖かく優しい言葉をかけたり、態度に示すことで初めて人は自分から行動してくれる

引用:Wikipedia

 

むりやり相手の気持ちを自分に向けさせると相手の心は余計に閉ざしてしまい、太陽のようにむりやり相手を動かそうとするのではなく、暖かく見守って素直に相手に接していると、相手はやがて心を開いてくれるということです。

結局、相手の気持ちはコントロールすることはできません。

変えられるのは自分の状態だけです。
neira
neira

 

また、潜在意識の仕組みから考えても、ひきこもりの子供を責めるのは逆効果になってしまうんです。

 

潜在意識というと信じられないとかあやしいとか思う人もいるかもしれませんよね。

 

信じられない人は信じなくてもよいのですが、潜在意識というのは意識のことなので、人間みんな持っているものなんです。

 

子供を責めると、潜在意識に「責める」感情が入ってしまうので、責めたくなるような出来事を引き寄せてしまいます。

 

ひきこもりの子供を責め続けていても、何も解決しないどころかますます責めたくなるような出来事を体験するようになってしまうんですね。

●太陽と北風

 

●潜在意識

この2点から、ひきこもりの子供を責めない方がよいということがわかります。

 

とはいえ、ひきこもりの子供をどうやって許して認めればよいのかわからない・・・と思うかもしれませんよね。

 

確かに、はたから見れば、ひきこもりって怠けていたり甘えていたりするように見えるので怒りを感じてしまうのも無理はありません。

 

どうしても許せない、認められないという場合には、相手の立場、相手の気持ちになって考えてみることをおすすめします。

neira
neira
ひきこもりになってしまう人の多くは、心が優しく敏感なんです。

 

みんなそれぞれ、価値観や性格が違うように、耐えられることと耐えられないことが違うんですね。

 

ひきこもりの子供を見て・・・

甘い・・・根性が足りないから乗り越えられないんだ!

と思ってしまうかもしれませんが、自分には耐えられて乗り越えられることでも、ほかの人にとってはとても困難で押しつぶされそうなほどストレスに感じてしまうこともあるんです。

 

人はそれぞれ性格も価値観も違うから、自分にできることがほかの人もできるとは限らないということを知っておくと、この子にとってはひきこもってしまうほど世の中がつらいと感じているんだな、と許したり認めたりすることができるのではないでしょうか。

ひきこもりの子供をどうにかしようとしない

ひきこもりの子供をどうにかしたいと思うのが親心だと思います。

 

しかし、ひきこもりの子供をどうにかしたいと思えば思うほど、よけいに悩み事が増えてしまいます。

 

なぜかというと、これも潜在意識の働きによるからです。

 

ひきこもりの子供をどうにかしたいという思いは、相手をコントロールしたいという思いです。

 

「相手をコントロールしたい」と思うということは、「今私は相手をコントロールできていない」と思っていることですよね。

 

潜在意識は今、何を感じているかがインプットされてその通りの現実を体験するようになっているんです。

 

相手をコントロールしたい=相手をコントロールできていない

 

ということなのでそれが潜在意識に入ってしまい、いつまでも相手をコントロールできない現実を体験するようになってしまうんです・・・

 

ではどうすればよいのかというと、相手をコントロールしようとしないことです。

 

なかなか難しく感じるかもしれませんが、これから紹介する方法に集中すれば、だんだんとひきこもりの子供をどうにかしようと思わなくなるはずです。

 

では、紹介していきますね。

 

家中をきれいにする

家の中はきれいに整理整頓、掃除はされているでしょうか?

 

家中をきれいにするというのと、ひきこもりとどう関係があるのかと思われるかもしれません。

 

しかし、家の中が汚いと波動が低くなってしまうのでそれに見合った出来事を引き寄せてしまうんです。

 

また、汚い家の中で過ごしていると、その家族の波動が下がってしまうので運気が悪くなってしまいます。

 

運気とか波動・・・ていうとあやしいとか信じられないとか思うかもしれませんが、現実的なことでいうと、汚い家の中で過ごしていると、体が休まらず心もイライラして精神が不安定になってしまいます。

 

やる気もなくなってしまうんです・・・

 

心身が悪い状態でいると、親子共々、イライラして険悪な雰囲気になり、ひきこもりも余計にひどくなってしまう可能性があるんですね。

 

家の中をきれいにすると、悩み事が解消されたわけではないのに、不思議と心がスーッと楽になります。

 

運気、波動もよくなりますし、心身の健康もよくなるので、汚い家の中でいるよりも確実に人生が好転していきます。

 

だまされたと思って一度、家の中をきれいにしてみることをおすすめします☆

 

参考記事

私が潜在意識で恋愛がうまくいった【⑩掃除や断捨離で周りを整える方法】

 

自分の人生を楽しむことに集中する

子供のことが気になるばかりで、自分のことをないがしろにしていないでしょうか?

 

これも潜在意識とか波動とか少しあやしげな話になってしまいますが、相手にエネルギーを向けるのではなく自分にエネルギーを向けることで人生が好転していくんです。

 

信じられないかもしれませんが、ひきこもりの子供を心配するのをやめて、自分の人生を楽しむことに集中してみることをおすすめします。

 

これは恋愛でも効果があって、このブログでは何回も紹介しているのですが、自分にエネルギーを向けるとほんと色々うまくいくようになるんです。

 

なにか特別なことじゃなくてもよいんです。

 

●自分の大好きなケーキと紅茶でホッと一息できる時間を作る

 

●好きな本を読む

 

●好きな映画を観る

 

●ボーっとする時間を数分でも作る

ささいなことでもよいので自分が楽しいと思えることをやってみてください。

 

子供のため、といって我慢したり犠牲をしたりすると、現実も苦しい出来事を体験することが多くなってしまいます。

 

今の潜在意識の状態が未来を作るんです。

 

だから、今この瞬間を自分が楽しいと思えることをしていたら、近い未来も楽しく幸せなものにどんどん変わっていきますよ☆

 

自分を責めずに大切にする

自分を責めずに大切にする、ことも大事です。

 

子供がひきこもりになったことを自分のせいだと思って責めてしまうと、それが潜在意識に入ってしまいその通りの現実を体験するようになります。

 

自分を責めてしまう出来事を引き寄せたり、まわりから責められたりする出来事を引き寄せたりするんです。

 

自分を大切にしないと、自分のセルフイメージが低くなってしまい、そのセルフイメージ通りの現実を体験します。

 

だから、自分を大切にすると周りの人から大切にされたり、大切な自分にふさわしい人生がやってきますよ。

 

関連記事

私が潜在意識で恋愛がうまくいった【⑥自愛する方法】

 

ひきこもりで悩んでいる本人が人生好転する方法

 

では次にひきこもりで悩んでいる親ではなく、子供本人が人生好転する方法を紹介します。

自分を責めずに許して認めてあげる

焦りや不安などネガティブな感情を感じ切ってあげる

自分を大切にする

身の回りを清潔にする

ジャンクフードやコンビニ弁当など体に害があるものをなるべく控える

ポジティブな言葉を使うようにする

なんでもいいので自分の好きなことやりたいことに集中する

 

では1つずつ解説していきますね☆

自分を責めずに許して認めてあげる

ひきこもりをしている自分を責めることはやめて、許して認めてあげましょう。

 

自分を責めていると、まわりから責められるとか、自分を責めたくなるような出来事を引き寄せてしまうという潜在意識の働きがあります。

 

でも、自分をどうしても責めてしまう、許せない、という人もいるでしょう。
neira
neira

 

まずは自分を責めていることに気づいたら・・・

今私は自分を責めているんだ。

と認めてあげて・・・

 

大丈夫だよ。あなたはそのままでいいんだよ。許してあげるよ。

と自分で自分に声をかけてあげるだけでいいんです。

 

自分を責めるたびに自分で自分を許してあげることを続けていると、どんどん心が楽になってきますし、現実も好転していきます。

 

焦りや不安などネガティブな感情を感じ切ってあげる

ひきこもりをしていると焦りや不安などネガティブな感情を感じると思いますが、感じ切ってあげることをおすすめします。

 

ネガティブな感情を悪いものだと思って我慢したり抑え込んだりしていると、ネガティブな感情がどんどん心にたまってしまいます。

 

すると、溜まったネガティブな感情が心からあふれてしまい、ネガティブな気持ちになることが多くなったり、ネガティブな出来事を引き寄せてしまったりします。

感情はエネルギーなので、抑え込んでも消えることはなく心に溜まるだけ。
neira
neira

 

だから、ネガティブな感情はどんどん感じ切ってあげて心の外へ出してあげましょう。

 

関連記事

私が潜在意識で恋愛がうまくいった【③ネガティブ感情を感じ切る方法】

 

自分を大切にする

 

自分を大切にすると周りから大切にされたり、大切な自分のセルフイメージにふさわしい人生がやってきます。

 

なぜかというと、自分をどう扱うか=他人からどう扱われるかだからです。

 

これは潜在意識の働きによるものなんですが、自分をどう扱うかは、自分のセルフイメージをどう見ているかということですよね。

 

セルフイメージが低いと、自然と自分を雑に扱ってしまうんです。

たとえば・・・

●食事はコンビニ弁当やジャンクフードばかり

 

●部屋が汚い

 

●服装が適当

とか。

すると、潜在意識に「自分は雑に扱ってもいい存在」というイメージが入ってしまうので、その通りの人生を体験するようになるんですね。

 

だから、自分のセルフイメージを上げて、人生を好転させるために、とにかく自分を大切に扱うこと。

 

自分を大切にすることを続けていると、やがてセルフイメージがアップしてそれにふさわしい人生を体験できるようになります☆

 

関連記事

私が潜在意識で恋愛がうまくいった【⑥自愛する方法】

 

身の回りを清潔にする

ひきこもりをしていると人に会うことや外出することがないので、だんだんと身の回りが汚くなってきませんか?

 

上記で紹介した通り、自分を大切にしていないと低いセルフイメージにそった人生を体験するようになります。

 

身の回りが汚いと、自分を雑に扱っているのと同じですし、波動や運が悪くなってしまいます。

neira
neira
きれいな場所は波動がよく運気もよくなるんです。

 

なので、身の回りをきれいすることをおすすめします。

 

参考記事

私が潜在意識で恋愛がうまくいった【⑩掃除や断捨離で周りを整える方法】

 

ジャンクフードやコンビニ弁当など体に害があるものをなるべく控える

ジャンクフードやコンビニ弁当など体に悪い食べ物を食べていると、自分を雑に扱っていることと同じでセルフイメージが低くなってしまい、その通りの人生を体験することになります。

 

また、ジャンクフードやコンビニ弁当を食べると、良質な栄養をとることができず大量の添加物やカロリーばかりとってしまうことに。

 

すると、体だけでなく心の状態も悪くなってしまうんですね。

 

なぜかイライラしたり、不安や焦りなどのネガティブな気持ちが大きくなったり、やる気が出なくなってますますひきこもっていたくなるんです。

neira
neira
心身は食べたものでできています。

また、細胞は生まれ変わるんです。

 

だから、今まで食生活が乱れていたとしても、食事を変えればやがて細胞が健康に生まれ変わります。

 

すると、自然とポジティブな思考になったり、やる気がみなぎってきたりと行動的になれんです。

 

食べ物って本当に重要です。

 

ぜひ、食べ物に気を使ってみましょう。

ポジティブな言葉を使うようにする

ネガティブな言葉を使っていませんか?

 

ネガティブな言葉を使っていると、その言葉通りの現実を体験するようになります。

 

言霊、といわれるように、言葉には非常に大きな力があるんです。

 

自分が発している言葉には十分に気を付ける必要があります。

 

発する言葉は意識をすれば変えることができるので、少しずつでもいいのでネガティブな言葉を使うのをやめてポジティブな言葉を使うようにしましょう。

 

参考記事

私が潜在意識で恋愛がうまくいった【④ポジティブな言葉を使う方法】

 

なんでもいいので自分の好きなことやりたいことに集中する

ひきこもりをしていると、時間はたくさんありますよね?

その時間をダラダラして過ごすのは非常にもったいないです。
neira
neira

 

なんでもいいので自分の好きなこと、やりたいことに集中することをおすすめします。

 

自分の好きなことややりたいことに集中すると、自分のエネルギーが高まるんです。

 

自分のエネルギーが高まると人生が好転していきます。

 

また、ひきこもりの時間を有効活用して、なにかに打ち込み努力をしているとそれが自分の強みになって将来役に立つようになります。

 

やりたいことがない時は、なんでもよいのでチャレンジしてみてもいいかもしれません。

 

今は色々なことで個人がお金を稼げるような時代になっています。

 

ブログやYouTubeなど、自分の体験をお金に換えることができるんです。

 

ひきこもりの体験でもいいですし、自分が興味があることをネットで発信していくのもおすすめです。

 

とにかく、なんでもいいのでやってみることをおすすめします☆

<スポンサーリンク>

まとめ

今回は、ひきこもりで悩んでいる親と子供の両方の、人生を好転する方法について紹介しました。

ひきこもりで悩んでいる親が人生好転する方法

ひきこもりの子供を責めずに許して認めてあげる

ひきこもりの子供をどうにかしようとしない

家中をきれいにする

自分の人生を楽しむことに集中する

自分を責めずに大切にする

 

ひきこもりで悩んでいる本人が人生好転する方法

自分を責めずに許して認めてあげる

焦りや不安などネガティブな感情を感じ切ってあげる

自分を大切にする

身の回りを清潔にする

ジャンクフードやコンビニ弁当など体に害があるものをなるべく控える

ポジティブな言葉を使うようにする

なんでもいいので自分の好きなことやりたいことに集中する

すぐに好転するという即効性はありませんが、続けていくことで必ず人生は好転していきます。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

参考記事

私が潜在意識で恋愛がうまくいった【③ネガティブな感情を感じ切る方法】

私が潜在意識で恋愛がうまくいった【⑩掃除や断捨離で周りを整える方法】

私が潜在意識で恋愛がうまくいった【⑥自愛する方法】

私が潜在意識で恋愛がうまくいった【④ポジティブな言葉を使う方法】

 

クリックしていただけると更新の励みになりうれしいです☆

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です