【体験談】コンプレックスが多い方が実は得である理由

こんにちは、neiraです☆

 

コンプレックスがたくさんあってつらい・・・と悩んでいる人はいませんか?

 

コンプレックスがあると積極的になれなかったり、人生うまくいかなかったりしますよね。

neira
neira
私は、人よりもコンプレックスが多くて悩んでいました・・・

昔は、コンプレックスが多い自分が嫌で嫌で仕方ありませんでした。

 

●目が小さい

 

●眉毛が太くて下がっている

 

●中学生に時にはニキビが顔全体にできるようになった

 

●横顔が嫌

 

●唇が薄い

 

●髪の毛が嫌

 

●背が低い

 

●社交的ではない

 

●集団行動が苦手

などなど・・・

ほんの一部ですがほかにも考えればたくさんできてきそうです・・・

 

でもね、こんなにたくさんコンプレックスがあった私でも・・・今では、コンプレックスがたくさんあってむしろよかったと思えるようになったんです。

neira
neira
今回は、コンプレックスで悩む人に向けて、コンプレックスが多い方が実は得である、というお話をしていきます☆

【体験談】コンプレックスが多い方が実は得である理由

 

はい、ではさっそくお話していきます☆

 

コンプレックスが多い私は自分に自信がなく、消極的で下を向きがちな子供でした・・・。

内面、外見ともに自分のことを好きになれず、人と比べては落ち込んでいた毎日だったのです。
neira
neira

 

いじめを受けたり、母に冷遇されたりしたことも、また自分のコンプレックスを増やすきっかけとなりました。

 

いじめを受けた時には・・・

neiraちゃんって無口だよね。

 

もっとしゃべんなよ。

 

neiraちゃんだけしゃべってないよ、暗い~。

おしゃべりがうまくできずに無口だった私は、仲の良かった友達から突然いじめを受けるようになり「宇宙人」と呼ばれていました・・・。

 

また、母からは・・・

お前は情けない子だ。

なんでそんなこともできないの?

なんであんたはそうなの!?

責められたり否定をされたりしていたのです。

 

中学生になったら・・・なぜか突然顔中にニキビができはじめて、まるで野球の松井選手のような肌になりました・・・

neira
neira
多感な時期の中学生女子が、顔中ニキビだらけになるのは本当につらかったです・・・

皮膚科に行ったのですが、薬をもらっても一向に治る気配はありませんでした。

 

鏡を見れば、小さな目に太い眉、ニキビだらけの赤ら顔、髪の毛は広がってうねっているし・・・本当に自分の姿を見るのがいやいやで仕方なかったのです。

 

いじめを受けていた自分、母から冷遇されていた自分、人とうまく接することができない自分・・・

 

内面も外見もコンプレックスだらけ・・・

 

なんで自分は周りの人よりもこんなにコンプレックスだらけなんだろうと悲しい日々を過ごしていたのです。

 

もっとぱっちり目でかわいく生まれたかった・・・

 

もっと明るく物おじしない元気な性格に生まれたかった・・・

 

なんで神様は私に対してこんなに意地悪なことをするんだろう・・・

 

そして、元から容姿がいい人や性格がいい人はなんでそんなご褒美を与えられているんだろう・・・

 

こんな理不尽な思いを抱いていました。

 

しかし!

 

昔はこんな自分がいやいやでたまらなかったのですが・・・今ではコンプレックスが多くて本当に良かったと思えるようになりました☆

 

なんでかというと・・・

neira
neira
コンプレックスがあったことで私は人一倍努力をしてこれたからです。

 

小学校2年生の時に突然、いじめを受けるようになり、無口でつまらないからと仲間はずれにされることもありかなりつらかったです。

 

だけど、その経験があったからこそ、私は受け身ではなく自分から相手を楽しませるように、自分から会話をするように努力をすることになったんです。

 

実はそれまで、自分で言うのもなんですが、私は人気者だった時期もあり友達を自分から作らなくてもいつも周りに人が集まっていました。

そのおかげで、自分から人に対して何か働きかけをすることなく、誰かにしてもらうという受け身の姿勢が当たり前になっていたのです。
neira
neira

 

まぁ、おしゃべりが上手にできなかったのには、ただたんに受け身だったからというわけではありませんが・・・それでも自分を見直すきっかけになったのは間違いありません。

 

私はいじめられていたクラスから、学年が変わって違うクラスになった時に、自分を変える決心をしたのです。

 

受け身でいるのではなくもっと自分から色々な人に話しかけるようにしよう。

 

こう決意した私は、クラスが変わって新しい友達に積極的に自分から話していくようになりました。

 

それまでは・・・

neiraちゃんって大人しいね。

て言われていたのに、私はクラスの中心的グループに入り、学級員をしたり学級会の司会や副司会などを行うようになっていたのです。

 

また、授業の際には積極的に手を挙げて発表をしていて、たぶんクラスの中でもベスト3に入るくらいの発表数だったと思います。

 

まぁこの後、対人恐怖や社会不安障害の症状が出始めるようになるんですが・・・。

 

それでも私は自分のコンプレックスを自分で改善しようと努力や行動をして、環境を変えることができたんです。

 

この時の経験は、今でも自分の中でゆるぎない自信として心にあります。

 

この経験をした私は・・・

コンプレックスって自分の手で改善できるんだ!

自分で人生を切り開いていけるんだ!

そう思えるようになったんです。

 

また・・・

いじめはつらかったけど、いじめを経験したことで私は前よりも強くなることができたんだ!

いじめを経験してよかったんだ。

こんなふうにいじめを前向きにとらえられるようになったのです。

 

neira
neira
それはそれはいじめはかなりつらかったですが・・・

 

でも、もし私がいじめを経験していなかったら・・・無口な自分をコンプレックスに感じていなかったら・・・

 

私は自分の受け身な姿勢に気が付かずにつまらない大人になっていたでしょう。

 

私は、いじめを経験したことで、受け身ではだめで自分から行動しなきゃ、と思えるようになりました。

 

そのおかげか、大人になって友達に・・・

neiraちゃんと一緒にいると全然飽きないね。

 

neiraちゃんておもしろいね!

 

neiraってなかなかいないタイプだよね~おもしろいわ~!

て言われるようになったんです。

 

それは私が、誰かと一緒にいる時にその場を自分から楽しい雰囲気にしよう、と心がけていたからです。

 

相手に楽しませてもらう、という受け身の態度ではなく、自分から楽しませようという行動につながったわけですね。

neira
neira
いじめを受けていなかったらこんな努力はしていませんでした。

 

今では自分を強くしてくれたいじめやコンプレックスに感謝をしています。

 

また、外見のコンプレックスに対しても私は人一倍努力をしてきました。

 

自分で顔のマッサージやフェイスニングをしたり・・・ウォーキングやらカーヴィーダンスやら・・・

 

他にも色々やってきたのですが・・・

 

そのおかげで周りから・・・

整形した?

 

どんどんかわいくなっていくね!

 

かわいい、きれいですね!

こんなふうにほめられることが多くなったんです。

 

もちろん整形は一切していません。

 

そして、外見のコンプレックスが人一倍あったからこそ、私は美容やファッションに興味を強く持つようになり、そのおかげで美容の仕事で店長として働くことができました。

 

中学生の時に顔中にニキビができ始めたのをきっかけに、私はなんとかして肌をきれいにしたいと様々な化粧品を試したり美容雑誌や美容本を読み漁っていたのが役に立ったんです☆

 

私、ニキビが顔中にできてよかった・・・コンプレックスがあってよかった・・・そう思えるようになりました。

 

ちょっと毒舌になると・・・

はじめから恵まれた容姿や環境の人ってね、自分で努力をする必要がないので、人生で自分の力でなにかを乗り越えてきた、ていう経験があまりない人が多いように思います。

 

薄ぺっらい大人になる可能性があるってことです。

 

もともと美人美男の人って、会話がつまらない傾向にあるんですよ(批判されそうですが・・・ごめんなさい・・・)。

 

受け身でいつもちやほやされてきた環境だと、自分から何かをしようと思わないですから、努力をしない人が多いように思います。

 

 

逆にコンプレックスを多く抱えている人は、そのコンプレックスに向き合って試行錯誤し、乗り越えてきたという経験が多いので、深みのある人生、深みのある人間になることができます。

 

コンプレックスを多く抱え、挫折をたくさん経験している方が強くなるんです。

 

これは私が実際に経験したことと、あとは周りの人を見てそう思います。

 

だから、コンプレックスが多くあること、悲観する必要はありませんよ☆

neira
neira
成功している人ほど、コンプレックスや挫折が多いですから。

 

どうせなら、コンプレックスをバネに変えてみましょう^^

 

何か参考になれば幸いです☆

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です