私が30年以上生きてきて思う人生の仕組み4つとは?

 

こんにちは、neiraです☆

 

今回は、私が30年以上生きてきて思う人生の仕組みについてお話していきます☆

 

あくまでも、私が今まで経験してきてそうじゃないかな~と思うことです^^

<スポンサーリンク>

私が30年以上生きてきて思う人生の仕組み4つとは?

 

では、さっそく紹介していきます☆

 

自分や他人を憎んでいると人生うまくいかなくなる

楽な方に流されているとあとでツケを払う

追いかけると逃げられる

言葉が人生を作っている

 

自分や他人を憎んでいると人生うまくいかなくなる

 

自分や他人を憎んでいると人生うまくいかなくなります。

 

私がまさにそうでした・・・。

 

なぜなら、自分が発したエネルギーはすべて自分に返ってくるから。

 

あいつ・・・腹立つ・・・。

 

不幸せになればいいのに・・・。

 

こんな風に思っていると、これね、全部自分に言っているのと同じなんです・・・。

 

だから、自分が誰かに憎まれたり、不幸になるような出来事が起こったりしてしまいます。

 

潜在意識の仕組みですね。

 

自分が思ったり考えたりしたことはすべて潜在意識にインプットされます。

 

で、潜在意識は主語を判断できないんです。

 

〇〇さんが不幸になればいいのに・・・。

この、〇〇さんが潜在意識は認識できないのです。

 

すべて自分のことだと判断します。

 

だから、自分が発した言葉、思いはいいことも悪いこともすべて自分に返ってくるというわけです。

 

 

楽な方に流されているとあとでツケを払う

 

楽な方に流されているとあとでツケを払います。

 

これは、何度もしつこいくらいブログで紹介している「正負の法則」や「バランスの法則」にもつながりますね。

 


 


 

あと、イソップ物語の「アリとキリギリス」の話でもこの法則を表していると思います。

 

働き者のアリは、夏の間にコツコツと働いてエサを集めていました。

 

それを遊びほうけているキリギリスが、「まだ夏は始まったばかり。エサなんてたくさんあるんだから。」とバカにしていたのです。

 

しかし、冬になってエサが周りにないことに気が付いたキリギリスはアリに食料を分けてもらおうとします。

 

アリはキリギリスにバカにされたことをまったく責めることなく、食料を分け与えてあげました。

 

この話は結末が3つあるようで、アリがバカにされたことを怒って食料を与えず、キリギリスが死んでしまうというパターンもあるようです。

 

いずれにしても、楽な方ばかり選んでいると、あとでツケが回ってくるという教訓になっています。

 

追いかけると逃げられる

 

追いかけると逃げられます・・・。

 

なぜなら、追いかけるという行為は、まだそのものが手に入っていないという不足の状態を作るからです。

 

潜在意識通りの人生を送るので、潜在意識で不足感を感じていると、その不足感が現実に現れてしまうんです。

 

追いかければ追いかけるほど不足感が強調されるので、余計に不足感を感じる出来事を体験してしまいます。

 

だから、追いかけるほどに手に入らずに逃げられてしまうんです。

 

恋愛ではよく言われていますよね、追えば逃げるって。

 

でも恋愛だけでなく人生のあらゆることでこの法則は動いていると思います。

 

人間関係、お金、願望etc・・・。

 

願望は手放すと叶う、という話を聞いたことがある人もいると思います。

 

願望を追いかければ追いかけるほど遠くへ逃げてしまうんです。

 

もう、別に叶っても叶わなくてもいーや。

こう思ったら願いが叶うんですね。

 

言葉が人生を作っている

 

言葉が人生を作っています。

 

自分が発する言葉通りの人生になります。

 

これも潜在意識の仕組みによるもの。

 

自分が発する言葉はいつも自分の耳で聞いていることになります。

 

だから、自分が発した言葉が潜在意識にどんどん入ってしまうんです。

 

すると、潜在意識通りの出来事を体験することになるのです。

 

人生つまらない・・・。

 

最悪な出来事ばかり・・・。

こんなふうにネガティブな言葉を発していると、本当にその通りになります。

 

私の母は、口癖がとてもネガティブでした。

お金がない・・・。

最悪・・・。

こんな言葉ばかり発していたんです。

 

母は毎日節約をしていて、なるべくお金を使わないようにしていました。

 

普通だったら、節約をしていればお金に困ることはないと思われますが、父親が多額の借金をしていることが発覚しました。

 

いくら節約をしていても、お金がないと口癖のように言っていたので本当にその通りになりました。

 

私は母を見ていて、ちっとも幸せそうに感じませんでした。

 

それは、母がつねにネガティブな言葉を発していたり、ネガティブな思考をしていたりしたからだと思います。

 

私も母に似たのか、昔はかなりネガティブな言葉を口癖のように発していました。

 

そんな当時の私は、やはり言葉通りにネガティブな出来事ばかり体験していたのです。

 

言葉が人生を作っていることを知り、発する言葉を意識してポジティブに変えたら人生好転しました。

こんな私の経験から、言葉が人生を作っていると信じています。

<スポンサーリンク>

まとめ

 

今回は、私が30年以上生きてきて思う人生の仕組みについてお話ししました。

 

自分や他人を憎んでいると人生うまくいかなくなる

楽な方に流されているとあとでツケを払う

追いかけると逃げられる

言葉が人生を作っている

 

です。

実際に自分が体験したことや、周りの人を観察していて感じた人生の法則です。

 

なにか参考になれば幸いです☆

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です