【いじめの後遺症はつらい・・・】私に効果があった5つの改善方法とは?

こんにちは、neiraです★

 

いじめの後遺症で大人になってもつらい

いじめの後遺症がつらいから治したい

 

こんな悩みを抱えていませんか?

いじめの後遺症によって、大人になっても恋愛や人間関係がうまくいかないととてもつらいですよね。

 

neira

実は私も、10代~30代までいじめの後遺症に悩まされていました。

 

●対人恐怖症

 

●社会不安障害

 

●不眠症

などです。

 

大人になってからも恋愛や人間関係に影響があり、つらい思いをしてきました。

 

そんな私の経験をもとに、いじめの後遺症についてお話していきます。

 

実際に私が改善できた方法も紹介するので必見です。

<スポンサーリンク>

いじめの後遺症はつらい!私に効果があった5つの改善方法とは?

 

いじめの経験は小学2年生の時

 

私が、後遺症の原因となるいじめを受けたのが小学2年生の時。

 

しかし、それ以前の幼稚園時代にもいじめのようなものがあり、追いかけられて羽交い絞めにされたり、悪口を言われたりしていました。

 

とはいえ、一方で幼稚園時代はなぜか人気者でもあったため、そこまでしんどい思いはしていませんでした。

 

neira

でも、私はいじめられやすい性格だったと自覚しています。

 

なぜかというと、言いたいことをはっきり言えない性格だったから。

 

みんなが・・・

neiraちゃんって優しいね!

と言ってくれていましたが、悪く言えば、ただ自分の意見を言えずに人に合わせているだけの弱虫。

 

何か嫌なことをされても、反発せずニコニコ、モジモジしてるだけ。

 

だから、けっこう舐められやすく、いじめっこのターゲットになりやすかったのかもしれません。

 

そして、小学2年生の時。

 

私は仲良しだった友達から突然悪口の書いた手紙をもらい、その日からいじめを受けるようになりました。

 

 

neira

原因は、私があまりおしゃべりをせず無口だったから。

 

 

その子には『宇宙人』というあだ名もつけられました。

 

私は、このいじめをきっかけに、家族の前では普通におしゃべりができるのに、なぜか学校に行くと普段のように話せなくなることに気づきました。

 

特に、集団の中に入ると、どうやって話をしていていいのかわからず、おとなしくなってしまうのです。

 

大人になってから調べたら、『場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)』の症状が、当時の私にぴったり当てはまっていました。

場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)とは?

家などでは普通に話せるけど、幼稚園、保育園、学校など特定の状況では話すことができないこと。

家族とのコミュニケーションは問題ないのに、家族以外では話せなくなること。

 

いじめはほんとにつらかったですね。

●嫌味をいわれる

 

●一緒に帰る時にヘルメット(田舎の学校だったのでヘルメットをかぶっていた)のヒモを犬のリードのようにして引っ張られながら帰る

 

 

●仲間外れにされて一人ぼっちになる

などなど・・・

 

ほかにもあったと思いますが、正直つらすぎて覚えていません。

 

 

neira

休み時間は教室にいたくなかったので、トイレで過ごすこともありましたね💧

 

 

いじめの後遺症に気づいたきっかけ

 

まず、私のいじめの後遺症の症状をざっとお話しします。

 

主に・・・

●対人恐怖症

●社会不安障害

●不眠症

 

ですが、詳しくいうと・・・

●人の目が見れない

 

●人とうまく話せない(言葉が出てこない)

 

●人が怖い(対人恐怖)

 

●人の視線が気になって外に出られない

 

●人と仲良くなるのが怖くて距離をとってしまう

 

●人の輪に入れない

 

●表情がこわばる

 

●夜眠れない、寝ても疲れが取れない、ぐっすり眠れない

 

●なにもしてないのに不安や恐怖などネガティブな感情に襲われる

などです。

 

はじめに気づいたきっかけは小学3年生の時。

 

クラス替えをきっかけに、私はその子と無事、離れられることに。

 

これでもういじめから解放されたんだ!と思い、小学3年生の新しいクラスになる時に私はこう決意しました。

もういじめられるのは嫌だ。

 

もっと強くなりたい、変わりたい。

 

学校生活を楽しくしたい!

 

おとなしいと思われるのは嫌だから、いろんな人に自分から話しかけて仲良くしていこう。

 

私は人が変わったように、自分からいろんな人に話しかけて仲良くなろうと努力をしました。

 

その結果、学級員になったり、授業での発表回数がクラスでトップになったり、積極的になっていったのです。

 

また、クラスの女子のリーダー的な友達と仲良くなり、その子と一緒に遊びの企画を考えてクラスのみんなを誘って遊ぶこともしていました。

 

しかし、はじめはよかったものの、だんだんと違和感が出てきたんですね。

 

私はこんな楽しい学校生活を送るような人間ではない。

 

私はクラスの中心になるような人間ではない

私はいじめられた過去がある、人に嫌われるおとなしくて暗い人間。

 

で、仲良くしてくれる友達が近づいてくることに恐怖を感じるようになったんです。

 

私の本性を知ったら、この友達もきっと私のことを嫌いになる。

 

このまま仲良くしていたら私の嫌な部分を見つけられてまたいじめのターゲットになってしまうのではないか・・・。

 

何度、頭の中で打ち消そうとしても、気にしないふりをしようとしても、心や頭の中に勝手に恐怖心がやってくるんです💧

 

neira

で、気づいたらクラスの中心グループから自ら離れていました。

 

そこからはさきほど話した・・・

●人の目が見れない

 

●人とうまく話せない(言葉が出てこない)

 

●人が怖い(対人恐怖)

 

●人の視線が気になって外に出られない

 

●人と仲良くなるのが怖くて距離をとってしまう

 

●人の輪に入れない

 

●表情がこわばる

 

これらの症状に悩まされることになるわけです。

 

いじめの後遺症で人間関係がうまくいかない

 

いじめの後遺症で人間関係ではほんっとにたくさん悩みましたね。

 

●友達と険悪になる

 

●うまく輪に入れない

 

●仲良くできない

 

●避けられる

 

一応、仲良くしている友達はいました。

 

でも、集団の中で浮いた存在になることが多く、1人で過ごすことも多かった学生時代でした。

 

 

neira

学校で、はじめは友達と仲良くできるんです。

 

 

でも、仲が深まるにつれて自分のことを知られて、またいじめにあったらどうしようという恐怖心が起こってしまうんです。

 

自分の心の根底には、いじめをきっかけに・・・

私は人からいじめらる存在だ。

私は人から嫌われる存在だ。

という自己イメージを持ってしまっているから。

 

人間関係がめんどうで、1人でいる方が楽でしたね。

 

いじめの後遺症で恋愛がうまくいかない

 

いじめの後遺症があると恋愛もうまくいかないんですよね💧

 

●男子と話せない

 

●男子と仲良くなれない

 

●恋人ができない

 

●付き合っても話がうまくできない

 

●付き合っても自分をうまく出せない

などなど・・・

 

私は中学生、高校生の学生時代は、クラスの男子と話ができませんでした。

 

私なんかと話しても・・・。

いじめにより、自己肯定感が低かったので、とても卑屈でしたね。

 

 

neira

とにかく、自分に自信がなかった・・・。

 

 

高校生の時、がんばって自分から告白をしてはじめて学校外の社会人の彼氏ができましたが、うまく話せずにイライラされていました💧

 

結果、二股されていることがわかり、生理が半年も止まるくらいショックを受けて、大きな失恋をすることに・・・。

 

いじめの後遺症さえなければ、私はもっと自由に恋愛ができるのに・・・

 

いじめの後遺症で好きな人とうまくいかないのは、悲しいし悔しかったですね。

 

いじめの後遺症で働けない

 

いじめの後遺症で働けないのもつらかったです。

 

生活費を稼がなくてはいけない立場だと、いじめの後遺症で働けないのはかなりしんどいですよね💧

 

私は・・・

●いつも人間関係が原因で仕事をやめる

 

●人間関係が原因で仕事が長く続けられない

 

●職場の人の輪に入れない

 

●職場で孤立しがち

 

●職場で上司に気に入られない

などなど・・・

 

あるアパレルの仕事を始めた時には、研修の時に、他の人はどんどん仲良くなっていってるのに自分だけがなじめず、研修が終わっていないのに仕事をやめてしまったこともありました。

 

いつも仕事をするのは問題ないのですが、職場の人と仲良くなることができず、続けられずつらい思いをたくさんしましたね💧

 

 

neira

実は私、仕事が続けられないので正社員で働いたことがありません。

 

 

いじめの後遺症はカウンセリングで改善するの?私の体験談

 

私はいじめの後遺症で悩み、大学内のカウンセリングを利用した経験があります。

 

なぜなら、いじめの後遺症で大学にも通えなくなってしまったからです。

 

大学に入ってからもいじめの後遺症で悩み、そのことを知らないゼミの先生に・・・

お前は性格を直せ!

とゼミのみんなの前で言われて授業に出られなくなり、1年間休学することになりました。

 

 

neira

親にも友達にも、いじめを受けたこと、いじめの後遺症があることが言えず。

 

 

●だれかに症状を話して心を楽にしたかった

 

●共感してほしかった

 

●症状を改善したかった

こんな思いから、勇気を出してカウンセリングを受けたんです。

 

しかし、担当したメガネの女性カウンセラーは・・・

 

気のせいじゃない?

考えすぎよ。

あなたは大丈夫よ~。

あなたは純粋なだけよ~。

そういって、真剣に話を聞いてはくれませんでした。

 

カウンセラーに頼ればもしかしたら改善するかもしれない、という淡い期待は無残にも散ってしまったのです。

 

カウンセラーによっては、親身に話を聞いてくれる人もいると思います。

 

しかし、症状を改善したいのなら、カウンセラーや薬に頼ってはダメだと実感しています。

 

なぜなら、いじいめや後遺症は自分の心の中に原因があるから。

 

よかったらこちらの記事を読んでみてください★

【知れば好転できる】いじめられてしまう4つの原因とは?

 

私がいじめの後遺症を改善できた5つの方法

 

私は、いじめの後遺症に悩まされていましたが・・・

●対人恐怖症

●社会不安障害

●不眠症

の症状がかなり改善されて・・・

 

●1人で外を歩くのがつらかったのに、出かけられるようになった

 

●ぐっすり眠れるようになった

 

●人と目を合わせて話ができるようになった

 

●人と対面しても言葉がスムーズに出てくるようになった

 

●ネガティブな感情に襲われることがなくなり心がかなり楽になった

 

このように、カウンセラーも薬も頼らずいじめの後遺症を改善しました。

 

なにをやったかというと・・・

自己肯定感を高めた

ポジティブな言葉を使うようにした

自分を責めずに許した

瞑想をした

ネガティブな感情をクリーニングした

 

です。

 

【自己肯定感とは何?】人生好転させた私がやっていた自己肯定感がアップする6つの方法【体験談】

 

 

【言霊】自分が発する言葉には絶対に気をつけた方がいい理由

 

私が潜在意識で恋愛がうまくいった【⑦瞑想する方法】

 

 

neira

けっこうスピリチュアル的な方法が多いです(笑)

 

スピリチュアルが苦手な人だと、ほんとにそんなんで改善されるのか、不信感や抵抗感があるかもしれません。

 

しかし、私はこれらの方法を根気よく続けることでいじめの後遺症を改善し、かなり心が楽になって生きやすくなりました。

 

なので、もし、いじめの後遺症をなにをやっても改善できないと悩んでいる人は、上記のブログ記事を参考に一度やってみることをおすすめします★

<スポンサーリンク>

まとめ

 

今回は、いじめの後遺症について私の体験談をもとにお話ししました。

 

いじめもつらいですが、そのあとに続く後遺症の方がけっこうつらかったりします。

 

私は、いじめの後遺症がつらくて、改善のために様々な方法をためしてきました。

 

その結果、スピリチュアルな方法を続けることで心がかなり楽になり生きやすくなりました。

 

私がやった方法はお金もかからずすぐにできる方法なので、いじめの後遺症で悩んでいる人は、ぜひ一度試してみて下さい。

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です